オール電化

2021/02/27

エコキュートのランニングコストは本当に安いの?

エコキュートのランニングコストは本当に安いの?

エコキュートは都市ガスや電気温水器といったほかの給湯器に比べて、ランニングコストが安いという意見を目にします。確かに、エコキュートはほかの給湯器に比べてランニングコストは安いですが、どれだけ安いのかというのは分かりづらいです。

そこで今回は、エコキュートのランニングコストがどれだけ安いのか、エコキュートメーカーのシミュレーションを用いて解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

エコキュートのランニングコストとは?

エコキュートのランニングコストとは?

まず、ランニングコストとは「何かを維持・使用するために支払い続けるための費用」のことを指します。

エコキュートは電気と空気中の熱を利用してお湯を作るシステムの総称になるため、エコキュートのランニングコストとは、「お湯を作るために支払い続ける電気料金」のことです。

よって、本記事ではランニングコストを「お湯を作るための費用」という意味で用います。

エコキュートのイニシャルコストとは?

ランニングコストと比較して用いられるのがイニシャルコストで、意味は「初期費用・導入費用」を指します。エコキュートの場合だと、エコキュートの本体価格や工事費用などがイニシャルコストに該当します。

エコキュートは機種にもよりますが本体価格がほかの給湯器に比べて高い傾向にあるため、ランニングコストだけではなく、イニシャルコストを含めたトータルコストを含めて比較するべきです。

エコキュートのランニングコストは本当に安いのか?

エコキュートのランニングコストは本当に安いのか?

結論から申し上げますとエコキュートのランニングコストは、電気温水器や灯油給湯器、ガス給湯器に比べると、非常に安いです。

パナソニックの発表によると、家庭用エコキュートのランニングコストを1とすると、電気温水器などのランニングコストは次のようになります。

  • 1位)エコキュート
  • 2位)灯油給湯器
  • 3位)ガス給湯器(都市ガス)
  • 4位)電気温水器

エコキュートと電気温水器はどちらも電気を用いてお湯を作る給湯器です。どうしてこれほどランニングコストに違いがあるのかというと、エコキュートは空気中の熱を利用しているからです。

空気中に含まれている熱はエコキュートのヒートポンプユニット内部で圧縮されると、高温を発するという性質があります。エコキュートはこの熱を利用してお湯を作るのですが、エコキュートで電気を主に使うのは、この空気を圧縮するための圧縮機(コンプレッサー)を稼働させる場面です。

エコキュートは1の電気エネルギーに対して3の熱エネルギーを生み出せることから、非常に効率的にお湯を作ることが可能です。

一方、電気温水器は金属に電気を流して発熱させる電熱ヒーターを搭載していますが、1の電気エネルギーで生み出せるのは1の熱エネルギーだけです。よって、同じ湯量・温度のお湯を作るのに、電気温水器はエコキュートに比べて多くのランニングコストを必要とするのです。

電気・ガス・灯油でランニングコストが最も安いのはどれ?

電気(エコキュートを除く)、ガス、灯油のなかで、ランニングコストが安いのはどれだ、と断言するのは難しいです。まず、それぞれの単位が異なっており、使用量に応じて基本料金や料金制度が異なるため、比較しづらいのです。

ですが、一定の熱量を出すのに必要なランニングコストを比較した場合だと、最も安いのは石油だといえます。

ですから、単純にランニングコストだけを追求した場合は灯油給湯器が最もコストパフォーマンスが良いです。しかし、エコキュートは空気中の熱を利用してお湯を作るため、灯油よりもランニングコストが安くなるため、以下の式が成りたちます。

  • エコキュート>灯油給湯器>電気温水器

エコキュートのランニングコストを調べるには?

エコキュートのランニングコストを調べるには?

エコキュートのランニングコストを調べるなら、メーカーのシミュレーションを利用しましょう。

エコキュートの主要メーカーでは、エコキュートのランニングコストのシミュレーションが用意されています。メーカーによってシミュレーションの内容や精度は異なり、そのなかでもおすすめなのが三菱のシミュレーションです。

三菱のシミュレーションは、下記の条件を設定することで、エコキュートだけでなく都市ガスやLPガス、灯油といったほかの給湯器とのランニングコストを比較した詳細なシミュレーションがおこなえます。
エコキュートのランニングコストを調べるなら、メーカーのシミュレーションを利用しましょう。

  • 三菱で扱っているエコキュート
  • 現在使用中の給湯器の種類
  • 家族の人数
  • サイズ
  • 貯湯ユニットのサイズ
  • 近隣都市
  • 電力会社
  • 電力プラン
  • 地域(標準地・寒冷地・沿岸地)

三菱のシミュレーションで優れているポイントは、年間ランニングコストを計算する際、外気温と給水温度もシミュレーションに自動で組み込んでいることです。エコキュートは外気温が低いと給湯効率が下がるのですが、その点もきちんとシミュレーションに反映されているのです。

また、エコキュートを購入した場合と、都市ガスやLPガスの給湯器を購入した場合のトータルコストや、ペイできるまでの年数なども自動で計算されます。

エコキュートのランニングコストをシミュレーション

エコキュートのランニングコストをシミュレーション
今回は次の条件で三菱のエコキュートを購入した場合をシミュレーションしてみました。

  • 三菱のエコキュート「SRT P555UB」を購入
  • 現在使用中の給湯器の種類は「ガス給湯器」
  • 家族の人数「4人」
  • 貯湯ユニットのサイズ「460L」
  • 近隣都市は「大阪府/大阪」
  • 電力会社は「関西電力」
  • 電力プランは「はぴeタイムR
  • 地域(標準地・寒冷地・沿岸地)は「標準地」

上記の条件の場合、年間ランニングコストは次のようになります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
給水温度(℃) 7.9 6.9 10.4 14.6 19.1 22.9 26.1 28.8 26.0 22.9 15.8 11.0
外気温度(℃) 1.5 1.5 5.9 15.1 15.8 18.9 23.7 25.4 24.5 17.9 12.3 6.8
l給湯ランニングコスト
エコキュート 4,818円 4,555円 3,387円 2,712円 2,428円 1,844円 1,331円 1,022円 1,321円 1,950円 2,675円 3,306円 31,349円
都市ガス 9,627円 9,037円 8,949円 7,553円 6,627円 5,465円 4,699円 3,961円 4,593円 5,627円 7,303円 8,787円 82,228円
LPガス 15,173円 14,225円 14,088円 11,855円 10,377円 8,521円 7,304円 6,131円 7,134円 8,781円 11,456円 13,829円 128,874円
灯油 5,990円 5,564円 5,514円 4,530円 3,904円 3,108円 2,594円 2,109円 2,515円 3,225円 4,366円 5,400円 48,819円

上記のシミュレーション結果から月平均と年間のランニングコストを比較すると次のようになります。

月平均のランニングコスト 年間ランニングコスト
エコキュート 約2,612円 31,349円
都市ガス 約6,852円 82,228円
LPガス 約10,739円 128,874円
灯油 約4,068円 48,819円

表にあるように、エコキュートの年間ランニングコストは都市ガスやLPガス、灯油と比べても非常に安いということが分かります。よって上記でも触れましたが、エコキュートのランニングコストはほかの給湯器に比べて安いのは間違いありません

イニシャルコストを含めたトータルのコストは?

ランニングコストだけを比較した場合だと、エコキュートはほかの給湯器に比べて圧倒的に安いです。しかし、イニシャルコスト(初期費用・設置費用)を含めたトータルコストだと、結果は異なります。

上記のシミュレーションにイニシャルコストを含めたトータルコストを比較すると次のようになります。

機器価格 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
エコキュート 1,254,000円 1,285,349円 1,316,698円 1,348,047円 1,379,396円 1,410,745円 1,442,094円 1,473,443円 1,504,792円 1,536,141円 1,567,490円
都市ガス 385,000円 467,228円 549,456円 631,684円 713,912円 796,140円 878,368円 960,596円 1,042,824円 1,125,052円 1,207,280円
LPガス 385,000円 513,874円 642,748円 771,622円 900,496円 1,029,370円 1,158,244円 1,287,118円 1,415,992円 1,544,866円 1,673,740円
灯油 462,000円 510,819円 559,638円 608,457円 657,276円 706,095円 754,914円 803,733円 852,552円 901,371円 950,190円

上記の表はエコキュートや都市ガスの機器価格と年間ランニングコストを合計した年度ごとのトータルコストになります。

表にあるように、エコキュートは都市ガスやLPガスに比べて機器価格が非常に高く、8年目まではLPガスにトータルコストで劣っています。都市ガスやLPガスにトータルコストで上回るまでに次の年数が必要です。

  • LPガス…約8.9年
  • 都市ガス…約17.1年

エコキュートはランニングコストこそ安いが、イニシャルコストを含めたトータルコストは高いという意見もあり、実際にシミュレーションでも上記のような結果が出ています。

しかし、エコキュートの本体価格を抑えることができれば、トータルコストを安くすることも可能です。

エコ突撃隊ではシミュレーションで用いたフルオートタイプのエコキュート「SRT-P555UB」が本体・リモコン・脚部カバー・設置工事費用・10年工事保証込みで597,080円(税込・記事執筆時点)で販売しております。

仮にエコ突撃隊で「SRT-P555UB」を購入した場合、トータルコストは次のようになります。

機器価格 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
エコキュート 597,080円 628,429円 659,778円 691,127円 722,476円 753,825円 785,174円 816,523円 847,872円 879,221円 910,570円
都市ガス 385,000円 467,228円 549,456円 631,684円 713,912円 796,140円 878,368円 960,596円 1,042,824円 1,125,052円 1,207,280円
LPガス 385,000円 513,874円 642,748円 771,622円 900,496円 1,029,370円 1,158,244円 1,287,118円 1,415,992円 1,544,866円 1,673,740円
灯油 462,000円 510,819円 559,638円 608,457円 657,276円 706,095円 754,914円 803,733円 852,552円 901,371円 950,190円

この場合のシミュレーションで、都市ガスやLPガスにトータルコストで上回るまでに次の年数が必要です。

つまり、エコキュートでトータルコストを安く抑えるなら、エコ突撃隊のように正規メーカーよりも安い価格でエコキュートを販売している店舗で購入するのが重要になります。

エコキュートのランニングコストの注意点

エコキュートのランニングコストの注意点

エコキュートは夜間にお湯を作り、貯めたお湯を日中に消費するというサイクルです。そのため、エコキュートを購入する際は関西電力の「はぴeタイムR」のように、夜間の電気料金が安い電気プランに変えることでランニングコストを安くすることができます

ただし、「はぴeタイムR」のような夜間の電気料金が安いプランは次のような注意点があります。

「はぴeタイムR」の場合、電気料金が最も安くなるのは平日23時~翌朝7時までと、土日祝日の23時~翌朝7時までのナイトタイムに限定されます。

上記以外の時間帯はデイタイム・リビングタイムとなっており、次の表のような電気料金となっています。

単位 料金単価
基本料金 最初の10kwまで 1契約 2,200.00円
10kwをこえる1kwにつき 1kw 396.00円
電力量料金 デイタイム(昼間時間 夏季 1kWh 28.96円
その他の季節 26.33円
リビングタイム(生活時間) 22.89円
ナイトタイム(夜間時間) 15.20円

一方、同じ関西電力の「従量電灯A」の電気料金は次のようになっています。

単位 料金単価
最低料金(最初の15kwまで) 1契約 341.01円
電力量料金 15kWhをこえ120kWhまで 1kWh 20.31円
120kWhをこえ300kWhまで 25.71円
300kWh超過分 28.70円

「はぴeタイムR」のデイタイム(平日10時~17時まで)の電気料金が28.96円/kWhに対して、「従量電灯A」の同じ時間帯の電気料金は20.31円~28.70円/kWhになります。

つまり、エコキュートを購入する際に変更する電気プランだと、平日昼間の電気料金が割高になるというデメリットがあるのです。

在宅勤務やテレワーク、専業主婦の方で昼間に自宅にいる時間が長い方は、日中の電気の使い方に注意しましょう

エコキュートのランニングコストを安く抑えるポイント

エコキュートのランニングコストを安く抑えるポイント

エコキュートのランニングコストを安く抑えるポイントは次の3つです。

  • お湯を使い切らないようにコントロールする
  • 冬場はエコキュートの湯量や温度を下げる
  • 定期的に霜や汚れを取り除く

それぞれ、順番に解説します。

お湯を使い切らないようにコントロールする

エコキュートは夜間にお湯を作り、貯めたお湯を日中に使うというサイクルですが、お湯を使い切ると日中でもお湯を作ろうとします。関西電力「はぴeタイムR」の時間ごとの電気量料金は次のようになっています。

1kWhの電気量料金
デイタイム(昼間時間) 夏季 28.96円
その他の季節 26.33円
リビングタイム(生活時間) 22.89円
ナイトタイム(夜間時間) 15.20円

ナイトタイムに比べてデイタイムの1kWhの電気量料金は約1.9倍も高いです。同じ関西電力の「従量電灯A」よりも割高なため、日中にお湯を作るのは無駄な出費といえます。

エコキュートのランニングコストを安く抑えるなら、日中にお湯を作らないようにお湯の残量に注意しながら使用するか、日中に沸き上げしないように設定を変えるなどの対策をしましょう。

冬場はエコキュートの湯量や温度を下げる

エコキュートは空気中の熱を利用してお湯を作る給湯器のため、外気温が低いと給湯効率が下がるという弱点があります。

外気温度(℃)
1月 1.5
2月 1.5
3月 5.9
4月 15.1
5月 15.8
6月 18.9
7月 23.7
8月 25.4
9月 24.5
9月 24.5
10月 17.9
11月 12.3
12月 6.8
合計
エコキュート 給湯ランニングコスト
1月 4,818円
2月 4,555円
3月 3,387円
4月 2,712円
5月 2,428円
6月 1,844円
7月 1,331円
8月 1,022円
9月 1,321円
10月 1,950円
11月 2,675円
12月 3,306円
合計 31,349円

表は外気温とエコキュートのランニングコストをシミュレーションした結果をまとめたものですが、ご覧のとおり外気温が高い6月~9月に比べて、外気温が低い12月~3月はランニングコストが高くなっています。

このシミュレーションではエコキュートの温度と湯量は常に一定となっているため、外気温の変動によってランニングコストも変動しています。

つまり、外気温が低い冬場にエコキュートで作る湯量を減らしたり、温度を下げることでエコキュートのランニングコストを安くすることが可能です。

メーカーや機種にもよりますが、エコキュートには節約モードが搭載されています。たとえば、日立は過去7日間の平均使用量に応じてお湯の余りが少ないように調節して沸き上げるという節約モードが搭載されています。

節約モードや湯量を減らすなどの対策は冬場だけでなく、一年中有効なランニングコストの節約方法になります。仮にエコキュートの給湯時間を10%ほど短くすることができれば、年間のランニングコストを約3,000円も減らすことができます。

ただし、湯切れを起こしてしまうと日中にお湯を作ることになるため、かえってランニングコストが高くなってしまいます。節約モードを使用する際は、湯切れにならないように注意しましょう。

定期的に霜や汚れを取り除く

エコキュートはヒートポンプユニットから空気中の熱を取り込んで稼働する給湯器です。そのため、ヒートポンプユニット周りに障害物がある、吸い込み口が霜や雪で塞がっているなどが原因で給湯効率が下がる可能性があります。

また、配管内部が汚れていて詰まっている場合でも、同様に給湯効率が下がります。給湯効率が下がるということは、同じ温度・湯量のお湯を沸かすのに時間がかかるということで、ランニングコストが増えてしまう恐れがあります。

設定によってはナイトタイムにお湯が作れず、湯切れの頻度が高くなり日中にお湯を作るようになる、という可能性もあります。

ヒートポンプユニットの構造上、霜は発生しやすく、メーカーも霜や雪が付着しないように定期的に点検するのを推奨しています。また、メーカーや機種によっては霜取りモードが搭載されています。

数カ月から半年に一度のペースでエコキュートの点検やメンテナスをすることで、エコキュートのランニングコストを抑えることや、エコキュートの寿命を延ばすことにつながります。

まとめ

以上が、エコキュートのランニングコストに関する解説になります。エコキュートのランニングコストはほかの給湯器に比べると非常に安いですが、湯切れや冬になるとランニングコストが上がる可能性があるため、ランニングコストを安く抑える対策が必要です。

また、メーカーの販売価格のまま購入するとイニシャルコストを含めたトータルコストが高くなってしまいます。

トータルコストを安くするなら、業界最安値を自負しているエコ突撃隊までご相談ください。弊社では仲介業者を減らし、なおかつ大量仕入れをおこなうことでメーカー正規品を低価格でご提供しております。

創業22年、施行件数25,000件を突破しており、これまでに多くのお客様に満足して頂いております。もし、当店よりも他店が1円でも安い場合は、他店見積書のご提示で完全対応いたします。ぜひ、エコ突撃隊までご連絡ください。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 群馬施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 新潟施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ