オール電化

2021/01/16

日立エコキュートの水道直圧給湯と他メーカーのエコキュートとの違い

日立エコキュートの水道直圧給湯と他メーカーのエコキュートとの違い

エコキュートはメーカーによって特徴や性能、機能が異なります。特に日立の水道直圧給湯モデルは他メーカーのエコキュートと比べても、様々な点で違いがあります。

そこで今回は、日立のエコキュートの水道直圧給湯と他メーカーのエコキュートとの違いを解説します。日立のエコキュートの特徴も併せて解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

日立エコキュートは水道直圧給湯モデル

日立のエコキュートはすべてが水道直圧給湯モデルとなっています。水道直圧給湯モデルと他メーカーのエコキュートの違いは、シャワーなどに給湯するお湯が水道圧をそのまま利用しているかどうかです。

従来のエコキュートは90度以上まで温めたお湯を貯湯タンクに貯め、水道水と混ぜることで温度を調節してから台所の蛇口や風呂場のシャワーとして使用できます。

つまり、一般的なエコキュートはタンクの中にお湯を貯め、減圧してからタンクに入れないとタンクが破裂するという弱点があります。

この弱点のせいで、初期のエコキュートはシャワーの勢いが弱い、2カ所同時に使うと水量が減るといったクレームが多かったようです。

そこで日立はタンク内の熱湯の熱だけを利用して、水道管から給水した水を瞬間的に熱して、そのまま利用するシステムを考案しました。それが水道直圧給湯モデルです。

水道直圧給湯モデルの仕組み

水道直圧給湯モデルは水道圧をそのまま利用し、熱交換器で水道水を瞬間的に熱し、お湯にした状態で台所の蛇口や風呂のシャワーに給湯する、日立独自の技術です。

タンク内に設置されているプレート式給湯熱交換器は細い隙間が無数に並んでおり、その隙間でお湯と水が交差する仕組みとなっています。

水道直圧給湯モデルと他メーカーのエコキュートとの違いは?

水道直圧給湯モデルと他メーカーのエコキュートとの違いは次になります。

  • 給湯したお湯がそのまま飲用水になる
  • 給湯したお湯の勢い
  • 硬度の高い水道水や井戸水に対応

それぞれ、順番に解説します。

給湯したお湯がそのまま飲用水になる

通常のエコキュートは夜間にお湯を作りタンクに貯めます。

このお湯をシャワーや蛇口に給湯するのですが、タンク内で一晩貯めていたお湯のため、衛生面から言えば飲用水には適しません。

もし、飲用水として利用するなら、煮沸消毒する必要があります。

日立のエコキュートは、タンク内で温めるお湯と蛇口やシャワーに給湯する水は別物のため、蛇口から給湯したお湯をそのまま飲用することが可能です。

飲用にそのまま使えるということは、エコキュートから給湯されたお湯で食材を洗うことも可能になります。

スチーミング調理技術研究会によれば、野菜は50℃で洗うと色鮮やかになり、灰汁が取れて美味しくなり、保存性も高まります。

生野菜のシャキッとした味わいを手軽に楽しめるというのは魅力的です。

給湯したお湯の勢い

水道直圧給湯モデルは減圧式のエコキュートに比べるとお湯の勢いが強いです。

水道直圧給湯モデル 減圧式のエコキュート
シャワー 約12~16L/分 約7~10L/分
蛇口 約5L/分 約5L/分
2カ所同時の合計 約17~21L/分 約12~15L/分

減圧弁方式に比べて水道直圧給湯モデルはお湯の量が約1.6倍、お湯の圧力は約2.9倍と圧倒的に水道直圧給湯モデルの方が勢いは強いです。

お湯の勢いが強いということは、複数箇所で同時にお湯を使っても勢いが弱くなりにくく、3階でもシャワーや湯はりが可能高い給湯圧力と流量が必要な多機能シャワーヘッドが使えるといったメリットがあります。

シャワーの勢い

硬度の高い水道水や井戸水に対応

水道直圧給湯モデルはタンクに貯めたお湯を熱源として使用するため、タンク内部のお湯を入れ替えする量が他メーカーのエコキュートに比べて少ないです。

入れ替える量や頻度が少ないということは、水に含まれているカルシウムなどの不純物の流入も低減されるため、結果として堆積物(スケール)の発生が減少します。

硬度の高い水道水や井戸水にはカルシウムなどが多く含まれており、お湯の沸き上げ時の高温で堆積物(スケール)が発生することがあります。

堆積物(スケール)はヒートポンプ内の水を加熱する配管などに詰まってしまうと、エコキュートが使用できなくなるリスクがあります。そのため、他メーカーのエコキュートだと硬度の高い水道水や井戸水の地域では使用に不向きというケースがあります。

しかし、日立の水道直圧給湯モデルはカルシムなどの堆積物(スケール)の発生が減少するため、配管が詰まりにくいです。硬度の高い水道水や井戸水を使用する地域でも設置しやすいエコキュートになります。

水道直圧給湯にデメリットはある?

ここまで、日立の水道直圧給湯の魅力を伝えてきました。

しかし、良い所だけでなく悪い所も気になるものです。

水道直圧給湯特有のデメリットはいくつか考えられます。

主に下記の4点を注意しましょう。

  • 価格が高い
  • 地域の水道圧に注意する必要がある
  • 使い過ぎて水道代が上がる
  • 配管に負担がかかる

順番に解説します。

価格が高い

水道直圧給湯式のエコキュートは、通常の貯湯式エコキュートに比べ高額な傾向があります。

地域の水道圧に注意する必要がある

水道直圧式のエコキュートは、水道の水圧をそのまま使うものです。

カタログスペックでは給水元圧として500kPaを想定していますが、地域によっては元々の水道圧が低い場合があります

限定的な状況ではありますが、もともと直圧式の給湯機を使っていて引っ越しの際に新しい地域で水道直圧式エコキュートをつけた場合、引っ越し先の給水元圧によっては思ったより水圧が無いといったことも考えられます

使い過ぎて水道代が上がる

勢いよく水が出るという事は、それだけ水量も出ているという事です。

日立公式HPによると、水道直圧式の500kPaのエコキュートと通常の減圧弁方式の170kPaのエコキュートで比較した場合、約1.6倍の湯量を使うことになります。

そして湯量が多い場合でも、シャワーや蛇口を開いている時間は必ずしも減りません。

結果、水道代は高くなってしまいがちです。

こまめな節約を心掛ける必要があるでしょう。

配管に負担がかかる

エコキュートからエコキュートへの交換など、時に配管は再利用されることがあります。

しかし、水道直圧式は水圧の高さから配管への負担が大きいです。

配管が十分な強度を保っていればいいですが、古い配管は経年劣化で脆くなっている場合があります。

劣化していた場合、水道直圧式の高い水圧によって配管が破裂してしまう可能性があります

水道直圧式給湯器を新たにつける際は、配管も確認するとよいでしょう。

日立のエコキュートの特徴

日立エコキュートの特徴

日立のエコキュートは水道直圧給湯以外にもいくつもの特徴があり、特に注目されているのが業界で初めて貯湯ユニットにウレタンフォームを採用した「ウレタンク」です。

ウレタンフォームは一般的なエコキュートの貯湯タンクに使われる発泡スチロール保温材に比べて断熱性能に優れており、隙間なく充填することでお湯を冷めにくくしています。

ほかにも風呂追い炊き時にお湯が循環する配管すべてに腐食に強く汚れにくいステンレスを採用しています。配管を自動洗浄する機能も搭載しているため、配管内を清潔に保ちます。

国内主要メーカーでステンレス配管を採用しているのは日立とコロナと数が少ないのも特徴的です。

また、専用のアダプター配管キットを設置すると、「快泡浴」という吹き出す噴流と弾ける気泡で心地よい入浴タイムを楽しめます。泡(バブル)機能は他メーカーのエコキュートにも搭載していますが、日立のエコキュートはタンクから空気を吸うという珍しい仕組みとなっています。

他メーカーのエコキュートだと、浴室の壁に穴をあけて空気を取り込むのですが、浴室の構造によっては取り付け不可だったり、コードを壁の内側に通すなどの手間が必要になります。日立のエコキュートは風呂の配管と同じ経路で空気が吸入されるため、余分な工事は必要ありません。

まとめ

日立のエコキュート、水道直圧給湯モデルは水道水の圧力をそのまま使うエコキュートになります。水道水の圧力を弱めることなく給湯するため、複数箇所で給湯する、あるいは3階でシャワーを浴びるといったケースに強いエコキュートになります。

また、他メーカーのエコキュートと違い硬度の高い水道水や井戸水に強いため、水質の問題でエコキュートを設置しづらい地域でも設置できる可能性があります。

エコ突撃隊は創業25年、これまでに28,000件以上の工事を請け負っており、お客様から高評価を獲得してきました。エコキュートを始めとしたオール電化の販売・施行に自信があり、メーカー正規品を低価格でご提供しております。エコキュートのことでご相談がありましたら、ぜひエコ突撃隊までご連絡ください。

こちらの記事もおすすめ!

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートなら光熱費がダンゼンお得!給湯器買い替えるなら「キュートーチェンジ」

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

エコ突フリーダイヤル
本日の担当営業に直通