オール電化

2016/01/30

エコキュート買い換えで押さえたい3つのポイント

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

ポイントその1:機能でエコキュートを選ぶ

エコキュートを選ぶ上で欠かせないのが、様々な機能です。
ここでは、エコキュートのおすすめ機能をメーカーごとにチェックしていきましょう。

おすすめ機能紹介:三菱電機

バブルおそうじ
マイクロバブルが微小な汚れを吸着して洗浄してくれます。

おすすめ機能紹介:パナソニック

温浴セレクト
台所リモコンから好みに合わせて湯温を簡単に選択できます。

おすすめ機能紹介:ダイキン

パワフル高圧給湯(300kPa)「パワフル高圧たっぷリッチシャワー」
ダイキンエコキュートの従来比で約1.8倍のパワフル給湯を、貯湯ユニットの強化と給湯圧力の大幅アップにより実現しました。

おすすめ機能紹介:日立

ナイアガラ倍速湯はり
標準の約2倍の速度で湯はりが行えます。

おすすめ機能紹介:東芝

銀イオンの湯
銀イオンが菌の増殖を抑え、二日目のお湯でも清潔に保ちます。

ポイントその2:家族構成でエコキュートを選ぶ

エコキュートは家族構成によって対応するタンク容量が異なります。
必ずご家庭に合ったタンク容量を選びましょう。
下の一覧は、一般的な目安です。「うちはもう少し使うかも…」と思われる方は、1ランク上のタンクを容量を選ぶと安心かもしれません。

  • 2~4人家族/対応タンク容量:180~370L(浴槽お湯はり1回+シャワー4回+洗面・台所)
  • 3~5人家族/対応タンク容量:370~460L(浴槽お湯はり1回+シャワー5回+洗面・台所)
  • 4~7人家族/対応タンク容量:460~560L(浴槽お湯はり1回+シャワー7回+洗面・台所)

ポイントその3:給湯方式でエコキュートを選ぶ

エコキュートには給湯方式が3種類存在しています。

フルオートエコキュートの特徴

自動で湯沸かし、保温、たし湯を全て行ってくれます。3つの給湯方式の中で最も便利で機能が豊富です。多くの家庭はこちらのタイプを選びます。

オートエコキュートの特徴

自動たし湯機能が無いので手動で差し湯を行う必要がありますが、湯沸かしと保温は自動で行ってくれます。フルオートより機能が少なく不便な点もありますが、低価格になります。

給湯専用エコキュートの特徴

手動で蛇口を回してお湯を貯めるタイプです。3つの給湯方式の中で最もシンプルで機能が限定される分、最も低価格でお買い求め頂けます。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

関西を中心に
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国九州

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)

日本地図