オール電化

2021/07/20

エコキュートでお湯が沸く仕組みとは?設置のメリットと注意点も徹底解説

エコキュートでお湯が沸く仕組みとは?設置のメリットと注意点も徹底解説

環境にやさしく省エネという特徴を持つ「エコキュート」は年々人気が高まっており、設置する家庭も増えています。ただ、エコキュートに関心はあるものの、どのようなものか詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではエコキュートの特徴やお湯が沸く仕組み、設置するメリットや注意点について網羅的に解説します。

空気の熱でお湯が沸く「エコキュート」とは?

そもそもエコキュートとはどのようなものなのか、基礎知識や特徴、お湯が沸く仕組みについて見ていきましょう。

エコキュートの特徴

エコキュートとは、ヒートポンプ技術によって空気を利用し、電気でお湯を沸かす家庭向けの電気給湯器のことです。
エコロジーからエコ、給湯からキュートという言葉を取り名付けられました。
エコキュートは環境にやさしくエコという特徴から人気が高まっており、2020年6月末時点の出荷台数は約700万台を超えたとされています。
環境問題への関心が高まりつつある現代では、今後ますますエコキュートの需要が高まっていくことが予想されます。

エコキュートの構成は熱を発生させる「ヒートポンプユニット」沸かしたお湯を溜める「貯湯タンク」というものです。
なお、タンクは異なる容量が用意されており、家族の人数や用途に合わせて好きなものを選ぶことが可能です。
給湯タイプには大きく分けて「フルオートタイプ」「オートタイプ」「給湯専用タイプ」の3種類があります。
フルオートタイプは給湯・保温、追い炊き・たし湯がスイッチひとつで自動運転できるもののことです。
オートタイプは自動給湯機能がついたもので、たし湯はスイッチで行えます給湯専用タイプは給湯機能のみが備わっているタイプです。それぞれ機能や価格帯が異なるため、設置の際は慎重に比較して選ぶようにしましょう。

エコキュートでお湯が沸く仕組み

エコキュートでお湯が沸く仕組みは、空気が重要なポイントとなります。
空気は圧縮すると温度が上がり、解放すると反対に温度が下がる性質があります。エコキュートはこの性質をうまく利用したものなのです。
まず取り込んだ空気をヒートポンプで圧縮し、その得た熱で水を温めているのです。
そのお湯をタンクに溜めるという仕組みになっています。空気の熱を水に伝えるためには、「冷媒」と呼ばれる媒体が必要です。
エコキュートは冷媒として二酸化炭素を利用するため、環境を汚す心配がありません。

なお、沸かしたお湯は電気ではなく断熱材によって約85~90℃に保温されます
お風呂やキッチンでお湯を使うときは水と混ぜ、蛇口からは適温になった状態で出てくるため火傷の心配もなく安心です。
エコキュートで作られる熱エネルギーは、熱を作るために必要な電気エネルギーの3倍以上ともいわれています。
環境とコストの2つの観点からしても、非常に効率的な仕組みといえるでしょう。

エコキュートを設置するメリット

エコキュートを設置するメリット

エコキュートの特徴や仕組みについての理解が深まると、次はエコキュートを設置する具体的なメリットが気になるものです。
主なメリットには、「光熱費の節約」「災害時の復旧スピード」「安全性の高さ」などが挙げられます。それぞれの内容を見ていきましょう。

毎月の光熱費が安くなる

エコキュートは基本的に、電気料金の安い深夜帯にお湯を沸かすシステムになっています。
ガスを使用してお湯を沸かす場合と比較すると、毎月の光熱費を節約しやすいことがメリットです。
加えて、エコキュートにはお湯の過不足がないよう、沸かす湯量を調整してくれる学習機能が搭載されています。
この機能により、エネルギーや水道代の無駄を省き、光熱費をカットすることが可能です。
エコキュートの代表的なメーカーである三菱電機の調査によると、4人家族で利用する場合の給湯にかかる年間光熱費は都市ガスで約9万円プロパンガスで約13万7000円だとしています。それに対し、エコキュートは約3万7000円非常に経済的です。

災害時の復旧が早い

災害時はインフラへのダメージが懸念事項です。なお、インフラのなかで最も普及が早いのは電気だとされています。
例として、東日本大震災が起きたときに電気は約1週間以内にほとんどの世帯で復旧したものの、ガスは約5週間かかったというデータがあります。
これを踏まえて、電気を利用するエコキュートは災害時に早くお湯を使えるようになる可能性が高いことがメリットといえるでしょう。
また、エコキュートは仕様上普段から貯湯タンクに水やお湯を溜めています。
その蓄えが尽きるまでは、断水・停電のときでも溜めておいた水やお湯を使えるというメリットもあります。

安全性が高く環境にもやさしい

前述したように、エコキュートは冷媒に二酸化炭素を使用します。
冷媒として代表的なフロンガスは人工であるのに対し、二酸化炭素は自然界にもともと存在するものなので、空気を汚す心配がありません。
それに、使用する二酸化炭素もわざわざ作るわけではなく、工場などで副産物的に発生するものを再利用しています。
そのため、無駄がなく環境にやさしいことが大きなメリットといえるでしょう。エコキュートは火を使わないため、火事のリスクも低減できます

エコキュートの設置にあたってオール電化にしている家庭であれば、キッチンで火を使う機会もなくなるでしょう。
その結果、小さな子どもやお年寄り、ペットなどがいる家庭での火傷のリスクを避けられます
家族全員が安心して暮らせる住まいを目指せるでしょう。

エコキュートを設置する際の注意点

エコキュートを設置する際の注意点

エコキュートには多くのメリットがある反面、設置における注意点も存在します。
具体的な注意点には、「湯切れのリスク」「初期費用の高さ」などが挙げられます。それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

「湯切れ」が起きることがある

エコキュートの設置にあたり、最も注意したい点が「湯切れ」です。エコキュートは貯湯タンクの容量があらかじめ決まっています。
万が一、一定量を使い切ってしまうとお湯が使えなくなるため注意が必要です。
特に、入浴中に湯切れが起こると寒い思いをする可能性があります。湯切れが発生するとお湯を沸かす必要が生じます
しかし、深夜以外の時間帯は電気代が割高に設定されているケースが多く、光熱費がかさんでしまう可能性があるでしょう。

快適にお湯を使いたい、光熱費を節約したいという場合はなるべく湯切れを起こさないように気を付けることが肝心です。
来客の頻度や家族の日常的な使用量をよく考えたうえで、余裕のある貯湯タンクの容量を選ぶようにしましょう

初期費用が高い

エコキュートは本体代だけではなく、設置にあたりさまざまな費用がかかります。
たとえば、基礎工事費・水道工事費・電気工事費などが必要です。このような各種工事が必要なぶん、どうしても「初期費用が高額」になってしまう点に気を付ける必要があります
設置にかかる費用はメーカーや工事の内容によっても異なりますが、すべて含めた場合約35~60万円はかかる可能性があるでしょう。
安い買い物とはいえないものだからこそ、かかる費用の総額をきちんと計算したうえで、慎重に設置を決めることが大切です。

少しでも安くエコキュートを設置したい場合は、「エコ突撃隊」に相談することがおすすめです。
エコ突撃隊は中間業者を挟まないぶん、低価格での提供を可能にしています
豊富な施工実績と確かな技術力を持っているため、安心して依頼することができるでしょう。

環境保護にも貢献できるエコキュートで光熱費を節約しよう!

エコキュートは再利用の二酸化炭素でお湯を沸かせるため、環境にやさしいことがメリットです。
さらに、ガスではなく電気を使うことで光熱費を節約しやすいことも魅力といえます。一方、エコキュートは初期費用が高額になりやすいことが難点です。
初期費用を抑えたい場合は、極力安い設置方法を探す必要があります。
「エコ突撃隊」は自社施工により低価格での設置を実現させています。気になる人は相談してみてはいかがでしょうか。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル