オール電化

2021/08/07

オール電化は給湯器も電気を使う?電気給湯器の特徴と必要なコストを解説

オール電化が未経験の人にとっては、家をオール電化にした場合に、ガスを利用していた給湯器がどうなるのか気になることでしょう。もちろん、オール電化では給湯器でも使用するエネルギーは電気です。

本記事では、オール電化で設置する電気給湯器における種類や特徴、コストや節約のコツなどについて幅広く解説していきます。

普及が進む「オール電化」とは?

「オール電化」とは、キッチンや空調、電化製品など住宅に必要とされるすべての設備にかかるエネルギーを、電気でまかなう住宅のことです。
キッチンであればガスコンロではなくクッキングヒーター、暖房設備であれば石油やガスストーブではなく蓄熱ヒーターなどがイメージしやすいでしょうか。
当然、給湯器もガスや石油ではなく、電気を使うものを設置します。ところで、住宅をオール電化にするメリットは、主に次のようなものが挙げられます。
一つにガスや石油などほかのエネルギーを使わずに電気に一本化するため、光熱費の節約が期待できるでしょう。
次に、災害時の復旧が早いことも挙げられます。さらには、補助金及び税金と住宅ローンで優遇を受けられることなども挙げられるでしょう。

そして、火を使わないので、安全だという点が挙げられます。小さなお子さんや高齢者がいる家では、安心できるメリットではないでしょうか。
一方で、オール電化は日中の電気代が割高になる料金プランが多く、初期費用が高い傾向にあるので、検討する際には気をつけてください
また、停電時に備えて、カセットコンロを用意しておくなどの対策も必要になるでしょう。
オール電化に関する動向としては、2025年にはオール電化住宅が939万戸、構成比17.9%にまで達すると富士経済によって予測されており、年々オール電化が増加していく見込みとなっています。

オール電化で利用する電気給湯器は2種類!

オール電化で利用する電気給湯器は2種類!

オール電化で利用する電気給湯器の種類はそれほど多くはなく、「エコキュート」と「電気温水器」の2種類になります。
しかし、家族構成、住宅の広さ、居住地など各家庭の状況に合わせて、何を選択するかは十分に検討する必要があるでしょう。
本段落では、それぞれの給湯器についての特徴や仕組みについて紹介します。

エコキュート

エコキュートとは、ヒートポンプ技術で空気を圧縮して得た熱によってお湯を沸かし、貯湯タンクに溜めた湯を使用する電気給湯器のことです。
エコキュートは消費するエネルギーに対して3倍の熱エネルギーを作り出せるので、非常に効率的な給湯器だといえるでしょう。
エコキュートは、貯湯式であるため、お風呂の給湯とキッチンでの給湯を同時にしたとしても温度が下がらず、お湯が溜まっていれば安定して給湯できるというメリットがあります。
さらに、消費電力が少なく、電気代の安い深夜にお湯を沸かすので、電気代をおさえることが可能です。

また、省エネで環境にも配慮されていることが理由で人気が高まっており、2020年6月末時点では、出荷台数は700万台を超えるいきおいを見せています。
2021年現在、オール電化住宅ではエコキュートを選択するのが通常です。
各メーカーからはさまざまな機能をもつエコキュートが発売されており、なかには低騒音設計のものがあったり、オート機能が備わっていてお風呂の準備が簡単なものもあったりするので、給湯タイプや貯湯タンク容量も含めて、自宅に合うものを選択するのがよいでしょう。

電気温水器

電気温水器とは、電気ポットと同様に内蔵された電熱ヒーターでお湯を沸かすタイプの電気給湯器のことです。
お湯を沸かすこととお湯を溜めることを同時に一つの貯湯タンクで行うため、ヒートポンプユニットが必要なく、設置するときも省スペースを実現しています
また、エコキュートとは異なり電気の熱そのもので水を温めるため、非効率な分エコキュートと比較して電気代が割高になる傾向があるでしょう。
2017年に行われた環境省の調査によると、戸建て住宅では、エコキュートの設置割合が22.4%であるのに対して電気温水器は9.7%であり、設置量は少ないことがわかります。

電気温水器もエコキュートと同様に、深夜電力を利用してお湯を沸かすため、電気代は低くおさえることができるでしょう。
また、貯湯式であれば、キッチンとお風呂同時に給湯をしても温度が下がらないなど、安定しています。

オール電化の給湯器にかかるコストはどれくらい?

オール電化の給湯器にかかるコストはどれくらい?

さて、オール電化の給湯器にどれくらいコストがかかるのか、初期費用とランニングコストに分けて解説しましょう。

オール電化の給湯器本体価格と設置費用

電気給湯器の購入にかかる費用の内訳は、本体価格及び設置のための基礎工事と水道、電気工事の代金です。
エコキュートは、本体価格が20から30万円で、工事費が15万円となり、合計35から45万円程度になります。
金額の幅は、貯湯タンク容量による大きさや機能によるものです。
エコキュートでは、給湯タイプに比べて、全自動タイプになると10万円以上の差があるので、希望に合わせてしっかり検討しましょう

一方、電気温水器の場合は、本体価格が15から20万円で、工事費は8から10万円、合計で23から30万円ほどになるでしょう。
本来、メーカーの定価は紹介した金額より高くなりますが、実際は販売店や施工会社で割引されることがほとんどなので、定価よりお得に設置できることが多いはずです。

オール電化の給湯器にかかる電気代

エコキュートの代表的メーカーであるパナソニックの試算によると、たとえば関西電力エリアに居住している場合、エコキュートの電気代は、月平均約1700円電気温水器は約7200円となっています。
また、暖房にかかる冬期の電力消費が多くなりがちな寒冷地である、北海道電力エリアに居住の場合は、エコキュートが月平均約2700円で、電気温水器は約9000円です。
いずれも、電気を利用する点においては変わりませんが、発熱の仕組みがそれぞれ異なり、エコキュートは空気熱を利用しているため非常に省エネルギーです。

よって、ただ電熱器によって発熱する電気温水器の方が消費電力も多くなります
いずれの地域にせよ、電気代には3から4倍の差があり、ランニングコストは電気温水器よりもエコキュートの方が圧倒的に有利です。

オール電化の給湯器にかかるコストを節約するコツ

オール電化の給湯器は、深夜にお湯を沸かします。よって、深夜の電気代が安いプランを契約するのが基本となるでしょう。
しかし、その分日中の電気代は割高になるので、日中いかに電気を使用しないようにするかが電気代を低くおさえるポイントとなります。
また、ほかには給湯器の設定温度を低めにしたり、お湯をあまり使わない夏場にはお湯を作る量を減らしたり、追い炊きをしないようにしたりするなど、日常生活において工夫できることはたくさんあるでしょう。
そのほかにも、エコキュートのピークカット設定機能があるタイプであれば、日中の電気代が高い時間帯に、自動沸きしないように設定して電気代をおさえる方法もあります

また、すでに電気温水器を利用している場合は、省エネ性能が高いエコキュートへ買い替えるのも、長期的には効果的なコストダウンになるでしょう。
購入時の大きなポイントとしては、電気給湯器の本体価格や工事費は販売店ごとにかなりの差があるため、大手家電量販店より電気給湯器に強く割引がききやすい地域密着型の販売店及び施工会社を探すのがおすすめです。

オール電化の給湯器は経済的なエコキュートがおすすめ!

やはり、オール電化住宅の給湯器にはランニングコストの安いエコキュートがおすすめです。
しかし、初期費用が高いため、少しでも低価格で設置できる施工会社を選択することがポイントになるでしょう。
その点、「エコ突撃隊」であれば、自社施工による業界最安値を追求しているので、非常にお得です。
そのうえ、工事保証もあるので、安心して任せられます。オール電化に興味がある人は、今すぐ問い合わせしてみましょう。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル