オール電化

2016/03/20

パナソニックエコキュートのエラーコードと対処法

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

パナソニックエコキュートのエラーコードと対処方法をエラーコード別に一覧で掲載しています。

パナソニックエラーコード一覧(コードをクリックすると解説に移動します)

U22

原因

断水検知。 ふろ自動お湯はり時、注湯量が1L/分以下になった。

対処

給水配管やふろ配管が凍結したときに表示されることがあります。
お湯はり中に断水した
①断水が復旧したことを確認する。
②「ふろ自動」を押し、ふろ自動運転する。

U51

原因

浴そう栓忘れ検知。 浴そうの栓を閉め忘れているため、浴そうにお湯が溜まらない。

対処

浴そう栓を忘れている
①浴そうの栓をする。
②「ふろ自動」を押し、ふろ自動運転する。

U53

原因

浴そう満水検知。 ふろ自動運転時、浴そうからお湯あふれる。

対処

お湯があふれている
ふろの設定湯量を下げる。
続けて保温やたし湯を自動で行いたいときは、「ふろ自動」を押してください。

U54

原因

初回残水検知。 ふろ試運転時、浴そうに残水があるため、自動お湯はりができない。

対処

浴そうの基準水位が設定されていない
①浴そうを空にして、栓をする。
②「ふろ自動」を押し、ふろ自動運転する。

U55

原因

浴そう未排水検知。 3日間浴そうにお湯をはったまま、酸素運転をした。

対処

浴そうのお湯を抜いて、再度自動お湯はりをおこなう。

U61

原因

湯切れ検知。 浴そうへのお湯はり時、タンクにお湯がないため、お湯はりを停止した。

対処

タンクにお湯があるか確認し、お湯が沸くまで待つ。
ふろ給湯サーミスター点検、交換。

H18

原因

暖房水漏れ異常 暖房水の減水を検知し、補水完了(満水)した後、60時間以内に再度減水を検知した

対処

本体内暖房配管、床暖房パネル、機外暖房配管の水漏れ確認と補修

H25

原因

ふろフロースイッチ異常。 ふろ循環ポンプが停止時およびふろお湯はり停止時、ふろフロースイッチONの異常を検出した。

対処

ふろ配管洗浄をおこない、ふろフロースイッチの掃除。
ふろフロースイッチの点検、交換。
外装に磁石(マグネット)がないか確認・除去。

H29

原因

酸素運転循環異常。 ふろ配管の往き管と戻り管が逆接続のため、酸素運転ができない。

対処

ふろ配管接続の確認、修正。

H30

原因

暖房往きサーミスター中途半端故障。 暖房戻りサーミスター温度が、暖房往きサーミスター温度を5分間上回った。

対処

リード線、コネクタの接続確認、補修。
暖房往きサーミスター点検、交換。

H32

原因

給水サーミスター異常。 給水サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜けの確認、修正または給水サーミスターの点検、交換

H33

原因

ふろサーミスター異常。 ふろサーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
ふろサーミスター抵抗値確認点検、交換。

H34

原因

給湯サーミスター異常。 給湯サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
給湯サーミスター抵抗値確認点検、交換。

H35

原因

高温異常。 タンク上部の残湯サーミスターが高温を検出した。

対処

残湯サーミスターの点検、交換

H37

原因

ふろ給湯サーミスター異常。 ふろ給湯サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
ふろ給湯サーミスター抵抗値確認点検、交換。

H39

原因

追いだきサーミスター異常。 追いだきサーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
追いだきサーミスター抵抗値確認点検、交換。

H45

原因

追いだき熱交サーミスター異常。 追いだき熱交サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
追いだき熱交サーミスター抵抗値確認点検、交換。

H46

原因

中間サーミスター異常。 中間サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタ抜け点検。
中間サーミスター抵抗値確認点検、交換。

H48

原因

暖房往きサーミスター異常。 暖房往きサーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタの接続確認、補修。
暖房往きサーミスターの交換。

H49

原因

●追いだきポンプ異常。(K1,K2,K3,D,DA,KA,UA,FAシリーズ)
①ふろ注湯時、追いだきサーミスターの温度がふろ給湯サーミスターの温度より8℃以上高い状態が30秒以上続いた
②ふろサーミスター温度がふろ給湯サーミスター温度+8℃以上低い状態
①&②の状態が30秒継続した

●追いだきポンプ異常。(KB,FB,WB,KCシリーズ)
①追いだきポンプが回転しない
②追いだきポンプが回転し続ける

対処

●追いだきポンプ異常。(K1,K2,K3,D,DA,KA,UA,FAシリーズ)
・リード線、コネクタの断線補修、追いだきポンプ、追いだきサーミスター交換
・試運転時などタンクに湯が沸いていない状態で、ふろお湯はり流量が極端に少なくないか確認
1.給水元栓を完全に「開」する
2.給水フィルターのゴミ除去
3.ふろ注湯弁のフィルターのゴミ除去

●追いだきポンプ異常。(KB,FB,WB,KCシリーズ)
・追いだきポンプのリード線、コネクタ抜け確認
・追いだきポンプの点検交換
・制御基板の点検交換

H50

原因

暖房戻りサーミスター異常。 暖房戻りサーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタの接続確認、補修。
暖房戻りサーミスターの交換。

H52

原因

補水弁異常・補水異常。
①補水弁「開」後、2分以内に満水にならない。
②暖房注水試運転が1時間以内に終了しない暖房戻りサーミスターが断線または短絡した。

対処

①給水元栓の「開」確認、「開」にする
②補水弁フィルターの目詰まり確認と掃除
③水漏れ確認、補修
④補水弁の交換

H54

原因

三方弁異常。
三方弁の位置検出ができない。
または2つの位置を同時に検出した。

対処

リード線、コネクタの抜け確認、修正。または、三方弁の点検、交換。

H56

原因

ふろ混合弁異常。
①ふろお湯はり時、設定温度より高い温度を検知した。
②ふろ湯はり時、ふろ給湯サーミスター検出温度が残湯サーミスター1の検出温度より低い状態になった。
③ふろ湯はり時、混合弁を水側に駆動しても全開位置を検出できない。

対処

①ふろ混合弁、ふろ給湯サーミスターの点検、交換
②ふろ給湯サーミスターの点検、交換
③ふろ混合弁の点検、交換

H57

原因

中間混合弁異常。 中間混合弁が水側または湯側に駆動しても位置を検出できない。

対処

リード線、コネクタの接続確認、中間混合弁の点検交換

H58

原因

バイパス弁断線検知。 バイパス電磁弁の断線。

対処

リード線、コネクタの外れ確認、修正またはバイパス電磁弁の交換

H59

原因

給湯混合弁異常。
①給湯時、混合弁が湯側になっても、給湯サーミスターの検出温度が中間サーミスター検出温度より低い状態になった。
または給湯混合弁が水側になっても給湯サーミスターが高い温度を検出した。
②給湯時、混合弁を水側に駆動しても、位置検出ができない。

対処

①給湯混合弁、給湯サーミスターの点検、交換
②給湯サーミスターの点検、交換

H60

原因

水位電極異常。 満水電極が水位検出しているとき、減水電極が水位検出しない状態が3秒以上継続した。

対処

・リード線接続確認、補修
・減水電極の抵抗値確認(正常:水有り10MΩ未満、水なし10MΩ以上)
・異常時膨張タンク交換

H66

原因

酸素ファン異常。 酸素ファンが作動しない。

対処

リード線、コネクタの接続確認、酸素ファンの点検交換

H69

原因

暖房往きサーミスター過昇。 暖房往きサーミスターが70℃以上を30秒連続検出した。

対処

暖房往きサーミスターの交換

H70

原因

通信異常。 メイン基板と暖房基板の通信が30秒間連続して通信できない。

対処

・コネクタの確認と補修
・暖房基板交換(D1シリーズ)
・制御基板交換(DAシリーズ)

H76

原因

●リモコン通信異常。
リモコンで16回通信しても、通信できない。

●床暖房リモコン通信異常。
床暖房リモコンで16回通信しても、通信できない。

対処

●リモコン通信異常。
①リモコンケーブル点検・補修
②リモコンの点検、交換
③水位センサー ・流量センサーの短絡確認と交換

●床暖房リモコン通信異常。
①リモコンケーブル点検、補修
②床暖房リモコンの点検、交換
③プリント基板の交換

H77

原因

ふろ流量調整弁異常。 ふろ流量調整弁を水側に駆動しても、水側全開位置を検出できない。

対処

・ふろ流量調整弁のリード線、コネクタの抜け点検確認
・ふろ流量調整弁の点検交換

H78

原因

ふろポンプ異常。
①ふろポンプが回転しない。
②ふろポンプが回転し続ける。
③ふろポンプ内に水がない状態で運転した。

対処

・ふろポンプのリード線、コネクタ抜け確認
・ふろポンプの点検交換
・制御基板の点検交換

H79

原因

ふろ注湯弁異常 ふろ注湯弁「閉」時に流量センサーが流量を検出した。

対処

・ふろ注湯弁交換

H81

原因

給湯サーミスター温度異常
①給湯サーミスター温度が給湯サブサーミスター温度より8℃以上高い状態が続いた。
②給湯サブサーミスター温度が給湯サーミスターより8℃以上高い状態が続いた。

対処

・リード線、コネクタ点検補修
・給湯サーミスター、給湯サブサーミスター(給湯混合弁ブロック)交換

H82

原因

時計電源異常・時計伝送異常。 停電復帰後の時計データが不正規になった。

対処

時刻合わせ、日時設定を行う

H83

原因

水位窓設定異常。 3分以内に浴そうの水位の窓設定ができない。

対処

・エアーかみ除去、配管の確認修正。
・水位センサーの交換

H84

原因

ミストセンサー異常。 ミストセンサーが断線または短絡した。

対処

・リード線、コネクタの接続確認、補修
・ミストサーミスターの交換

H85

原因

ミスト混合弁異常。 ミスト混合弁の原点位置を検出できない。

対処

・リード線コネクタの接続確認、補修
・ミスト混合弁の交換

H86

原因

ミスト混合温度異常。
①ミスト混合弁が原点位置でミスト供給温度が高い。
②ミスト混合弁が湯側全開でミスト供給温度が低い。

対処

・断水復帰、給水元栓、ミスト接続バルブを開く。
・ミストセンサーのリード線、コネクタ点検補修。
・ミストセンサーの交換

H87

原因

●給湯混合弁温度異常。(KB,FB,WB,KCシリーズ)
①単独給湯時、混合弁が湯側全開位置で、給湯サーミスターが残湯サーミスター0温度より20℃以上低い状態が30秒以上続いた(2回)
②-1水側全開位置で給湯温度が60℃以上の状態が30秒以上続いた
②-2水設定以外で、給湯温度が設定温度+10℃以上の状態が30秒以上続いた
③-1給湯サーミスター温度が給湯サブサーミスター温度より8℃以上高い状態が10秒続いた
③-2給湯サブサーミスター温度が給湯サーミスター温度より8℃以上高い状態が10秒続いた

●給湯混合弁温度異常。(KAシリーズ)
①単独給湯時、混合弁が湯側全開位置で、給湯サーミスターが残湯サーミスター0温度より13℃以上低い状態が30秒以上続いた(2回)
②-1水側全開位置で給湯温度が60℃以上の状態が30秒以上続いた
②-2水設定以外で、給湯温度が設定温度+10℃以上の状態が30秒以上続いた

対処

●給湯混合弁温度異常。(KB,FB,WB,KCシリーズ)
①湯側逆止弁確認、給湯混合弁交換
②-1給水配管の凍結確認、凍結防止
②-2給水元栓を「開」にする
②-3断水の確認、断水復帰後再操作
②-4水側逆止弁確認、給湯混合弁交換
③給湯サーミスター、給湯サブサーミスター(給湯混合弁ブロック)交換
④ソーラシステムと接続確認、補修

●給湯混合弁温度異常。(KAシリーズ)
①給湯サーミスター交換
②混合弁の逆止弁の固着確認と給湯混合弁の交換
③ソーラシステムと接続確認、補修

H88

原因

ふろ混合弁温度異常。
①残湯サーミスター0温度が60℃以上でかつ湯側全開位置で、ふろ給湯サーミスター温度が
残湯サーミスター0温度より12℃/20℃以上低い状態が30秒続いた。
②ふろ注湯時に設定温度+8℃以上高い状態が44秒継続した(ぬるめ、水設定時は、60℃以上で判定)

対処

・ソーラシステムと接続確認、補修。
・ふろ混合弁、給湯混合弁の湯側逆止弁のゴミ除去。
・ふろ給湯サーミスターのコネクタ接続確認、補修。
・ふろ給湯サーミスター(ふろ混合弁ユニット)の交換。

H89

原因

給湯サブサーミスター異常。 給湯サブサーミスターが断線または短絡した。

対処

・リード線、コネクタの抜け点検補修。
・給湯サブサーミスター(給湯混合弁ブロック)交換。

H90

原因

貯湯ユニット~ヒートポンプユニット間通信異常。
①貯湯ユニットとヒートポンプユニット間の通信ができない。
②貯湯タンク上部の保安器が作動した。(HE-K1シリーズ)

対処

3心ケーブル連絡配線の接続状態の確認、修正または、貯湯ユニットのプリント基板orヒートポンプユニットのプリント基板の点検、交換。
保安器の復帰ボタンを押して復帰させる。

H91

原因

温度過昇検知(保安器作動)。
貯湯タンク上部の保安器が作動した。(HE-37R1,37R2シリーズ)

対処

温度過昇検知(保安器作動)。
貯湯タンク上部の保安器が作動した。(HE-37R1,37R2シリーズ)

H92

原因

ヒートポンプ配管誤配管検知。
ヒートポンプ配管の接続を戻り(湯側)と往き(水側)の接続を逆に接続した。

対処

ヒートポンプ配管の接続(戻り、往き側)確認と修正

H93

原因

循環水系統異常。
ヒートポンプ配管系路に温水が循環しない。

対処

ヒートポンプ配管系路の点検(エアー抜き、水側バルブが「開」、逆止弁がないこと、詰まり、凍結等)
給水配管の凍結の解凍、給水元栓の「開」等の点検
タンク上部のノズル詰まり除去
積層ポンプ点検、修正

H94

原因

貯湯ユニット~ヒートポンプユニット間循環異常。
①貯湯ユニット~ヒートポンプユニット間の水が循環しない。
②ヒートポンプ配管の入水・出湯配管の誤接続。
③沸き上げポンプ内に水がない状態で運転した。

対処

・給水側止水栓を「開」にする。 ・給水配管の凍結の解凍。
・水側バルブを「開」にする。  ・ヒートポンプ配管の逆接続の補修。
・ヒートポンプ配管の折れ、詰まりの補修。 ・ヒートポンプ配管系のエアー抜き。
・タンク上部のノズル詰まり除去。

H95

原因

電源電圧異常検知。

対処

・電源電圧がAC200Vであるか確認と電源接続の修正。
・プリント基板点検・交換。

H97

原因

追いだき熱交換器異常。
ふろ運転を行っていないとき、ふろサーミスターが高温の温度を検出後、
冷却運転しても、10分以内に再度冷却運転をおこなった。

対処

ふろサーミスターの抵抗値の確認、交換または、追いだき熱交換器の交換

F11

原因

ピークカット異常。
熱交換器出湯温度が上がらない。

対処

ヒートポンプ配管系路の点検(エアー抜き、水側バルブが「開」、逆止弁がないこと、詰まり、凍結等)
タンク上部のノズル詰まり除去
積層ポンプ点検、修正

F12

原因

●圧力スイッチ作動。(K1,K2,K3,KA,DA,UAシリーズ)
ヒートポンプ配管系路に温水が十分に流れないため、冷媒圧力が異常に上昇し、圧力スイッチが作動した。またはヒートポンプ配管を誤接続した。

●圧力スイッチ作動。 (KB,WB,KCシリーズ)
冷媒圧力が異常に上昇し、圧力スイッチが作動した。

対処

●圧力スイッチ作動。(K1,K2,K3,KA,DA,UAシリーズ)
①ヒートポンプ配管系路の点検(エアー抜き、水側バルブが「開」、逆止弁がないこと、詰まり、凍結等)
②給水配管の凍結の解凍、給水元栓の「開」等の点検
③ヒートポンプ配管の接続確認、修正
④タンク上部のノズル詰まり除去
⑤入水、出湯サーミスターの外れ点検、修正
⑥沸き上げポンプ点検、交換
⑦膨張弁の点検、交換

●圧力スイッチ作動。 (KB,WB,KCシリーズ)
・入水サーミスター外れ確認、正規取付
・出湯サーミスター外れ確認、正規取付
・膨張弁コネクタ外れ確認、正規取付
・膨張弁コイル抵抗確認[正常46.3Ω(20℃の時)] 

F14

原因

圧縮機ロック。
圧縮機モーターが回転しない。

対処

①圧縮機配線確認修正。
②圧縮機2相間抵抗確認結果、正常の場合はプリント基板の交換、
異常の場合はヒートポンプユニット対応。

F15

原因

ファンロック異常。
ファンモーターが回転しない。

対処

①異物除去。  ②コネクタ外れの点検修正。
③ファンモーター抵抗値点検。
 ⇒(抵抗値異常)ファンモーター交換。 (正常)プリント基板交換

F16

原因

入力電流異常検知。
運転時の電流値が異常に高い。

対処

・据付け寸法確認、修正。
・運転電流確認異常時、プリント基板交換。

F17

原因

漏水検知。
本体内部からの水漏れを検知した。

対処

水漏れの補修、水漏れがない場合は漏水センサーの点検、交換

F19

原因

出湯温度異常。
水熱交換器の循環流量が確保できず、出湯温度が異常に上昇した。

対処

①ヒートポンプ配管系路の確認、修正。(配管の折れ、詰まり、水側バルブを「開」か等)
②出湯サーミスター抵抗値点検、交換。
③タンク上部のノズル詰まり。

F20

原因

吐出管温度異常。
吐出管サーミスターの温度が異常に高い。

対処

①吐出管サーミスターの点検(抵抗値)、交換
②膨張弁コイル点検(2相間抵抗値)交換
③冷媒管詰まり(ヒートポンプユニット対応)

F21

原因

電装品箱内温度異常。
電装品箱内の温度が異常に高い。

対処

据付け寸法の点検、修正。ファンモーターの点検、交換

F22

原因

●トランジスタモジュール温度異常。(HE-UK,UAシリーズ)
トランジスタモジュールサーミスターの温度が異常に高い。

●放熱フィン温度異常(HE-URシリーズ)
放熱フィンの温度が異常に高い。

対処

●トランジスタモジュール温度異常。(HE-UK,UAシリーズ)
・据付け寸法の点検、修正。
・プリント基板の点検、交換

●放熱フィン温度異常(HE-URシリーズ)
放熱フィンの汚れ除去
フィンサーミスターの点検、交換
ファンモーターの点検、交換

F23

原因

●DCピーク異常。
トランジスタモジュール内部で過電流、電源電圧の降下を検出した。

●OCP異常。(HE-URシリーズ)
圧縮機の回転が異常に高い。または過電流、電源電圧降下を検出した。

対処

●DCピーク異常。
①ヒートポンプ配管系路の点検、修正。
②沸き上げポンプの点検、交換。
③プリント基板の点検、交換。
④圧縮機の点検、確認。

●OCP異常。(HE-URシリーズ)
プリント基板2の点検、交換

F24

原因

冷凍サイクル異常。
①タンクに残湯ありの状態でヒートポンプ配管の戻り(湯側)、往き(水側)を逆接続した。
②出湯サーミスターが外れた。
③沸き上げポンプの作動確認。
④膨張弁コイルの抵抗値確認。(正常)46±3Ω(20℃)
⑤冷媒漏れ。

対処

①ヒートポンプ配管の点検、修正。
②出湯サーミスターの正規取付。
③沸き上げポンプの点検、交換または、プリント基板交換。
④膨張弁コイル交換。
⑤冷媒漏れはヒートポンプユニット対応。

F27

原因

圧力スイッチ(HPS)異常。 圧力スイッチ(HPS)の断線。

対処

・圧力スイッチ(HPS)、リアクタのリード線、コネクタの外れ点検、修正。
・プリント基板点検、交換。

F36

原因

外気サーミスター異常。 外気サーミスターの断線または短絡した。

対処

外気サーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。
または外気サーミスターの点検、交換。

F37

原因

入水サーミスター異常。 入水サーミスターの断線または短絡した。

対処

入水サーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。
または入水サーミスターの点検、交換。

F38

原因

残湯サーミスター異常。 残湯サーミスターが断線または短絡した。

対処

リード線、コネクタの抜け確認、修正。
または、残湯サーミスターの交換。

F40

原因

吐出管サーミスター異常。 吐出管サーミスターが外れた。 または吐出管サーミスターの断線または短絡した。

対処

吸入管サーミスターのリード線、コネクタの外れ点検。
または吸入管サーミスター点検(抵抗値)、交換。

F41

原因

●PFC保護。
PFC内部で電源電圧降下、過電流、温度上昇を検知した。

●吸入管サーミスター異常。(HE-URシリーズ)
吸入管サーミスターの断線または短絡した。

対処

●PFC保護。
・据付け寸法の点検、修正。
・プリント基板の点検、交換。
・リアクタのコネクタ外れ修正。
・膨張弁コイル交換。

●吸入管サーミスター異常。(HE-URシリーズ)
吐出管サーミスターのリード線、コネクタの外れ点検。
または吐出管サーミスター点検(抵抗値)、交換。

F42

原因

空気熱交入口サーミスター異常。 空気熱交入口サーミスターの断線または短絡した。

対処

空気熱交入口サーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。
または空気熱交入口サーミスターの点検、交換。

F43

原因

●空気熱交出口サーミスター異常。
空気熱交出口サーミスターサーミスターの断線または短絡した。

●圧力センサー異常(HE-URシリーズ)
圧力センサーの断線または短絡した。

対処

●空気熱交出口サーミスター異常。
空気熱交出口サーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。 
または空気熱交出口サーミスターの点検、交換。

●圧力センサー異常(HE-URシリーズ)
圧力センサーのリード線、コネクタ外れ点検、修正。
プリント基板1の点検、交換。

F44

原因

●トランジスタサーミスター異常(HE-UK,UAシリーズ)
トランジスタサーミスターの断線または短絡した。

●フィンサーミスター異常(HE-URシリーズ)
フィンサーミスターの断線または短絡した。

対処

●トランジスタサーミスター異常(HE-UK,UAシリーズ)
プリント基板点検、交換

●フィンサーミスター異常(HE-URシリーズ)
フィンサーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。
またはフィンサーミスターの点検、交換。

F45

原因

出湯サーミスター異常。 出湯サーミスターの断線または短絡した。

対処

出湯サーミスターのリード線、コネクタ点検、修正。
または出湯サーミスターの点検、交換。

F46

原因

CT異常。
圧縮機の回転数が上昇してもCT入力が少ない。
①CTの断線。②冷媒漏れ。

対処

①CT1の抵抗値2kΩ以上ではプリント基板の点検、交換。
②CT1の抵抗値2kΩ未満では冷媒漏れ。

F47

原因

漏水センサー断線検知。 漏水センサーが断線した。

対処

リード線、コネクタの外れ確認、修正。
または漏水センサーの交換。

F62

原因

PFCサーミスター異常。 PFCサーミスターの断線または短絡した。

対処

プリント基板点検、交換

F67

原因

積層(沸き上げ)ポンプ異常。 積層ポンプが作動しない。 または沸き上げポンプが最大で運転した。

対処

リード線、コネクタ抜けの確認、修正。
または積層ポンプの点検、交換。

F70

原因

位置検出センサー異常。 運転開始時、圧縮機が回転しない。

対処

連絡配線の点検、修正
圧縮機リード線の点検、修正
プリント基板2の点検、交換

F94

原因

水位センサー断線検知。 水位センサーが断線した。

対処

リード線、コネクタの外れ確認、修正。
または水位センサーの点検、交換。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

関西を中心に
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国九州

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)

日本地図