オール電化

2023/05/30

【2023年】オール電化の気になるデメリットは?メリットも合わせて解説

オール電化デメリット

1980年代後半の登場から、毎年数十万単位の家屋で急速に普及が進んだオール電化住宅ですが、発足当時とは様々な世情の変化があります。 そこで今回は、2023年におけるオール電化のデメリットとオール電化のメリットをあわせてご紹介します。 オール電化を導入して後悔しないために、是非参考にして下さい。

エコキュートなら光熱費がダンゼンお得!給湯器買い替えるなら「キュートーチェンジ」

そもそもオール電化って何?

お住まいによって、どのような設備を使用しているかは様々です。

皆様はお風呂のお湯を沸かす事や、調理をする際の燃料にどのような設備、燃料を使用していますか。

ガスを使用している方もいれば、石油を利用している方もいるでしょう。

オール電化とは、ガスや石油を利用せず調理器具、給湯設備、冷暖房といった家庭内で使用する全ての設備を電気によって動かすことです。

オール電化を実現した家屋をオール電化住宅と言います。

オール電化のメリット

オール電化住宅には様々なメリットがあります。

オール電化機器のメリットの一例を挙げるなら以下となります。

設備 利点
エコキュート 空気の熱を利用することで、従来機器より大幅に安い電気代でお湯を沸かせる
ヒートポンプ式床暖房 電気式よりランニングコストが安い
IHクッキングヒーター 火を使用しない為、火災のリスクを大幅に低減

上記以外にも、災害時にはエコキュートのタンク内の水を生活用水に利用できる点や、あらゆるエネルギーの中で最も早く復旧されるので普段通りの生活に戻りやすいという利点があります。

オール電化のデメリット

【2023年】オール電化の気になるデメリットは?メリットも合わせて解説

では、オール電化住宅には何のデメリットも無く全ての人が切り替えるべきか、というと必ずしもそうとは限りません。

本項目では2023年5現在のオール電化共通のデメリットや注意点について解説します。

オール電化住宅のデメリットと言えるものは、以下が考えられます。

  • 電気料金変動による影響が大きい
  • ライフスタイルによってはお得にならない事もある
  • 停電時に設備が動かせなくなる
  • 導入の為の初期費用が高額

順番に解説します。

電気料金変動による影響が大きい

2023年5月現在、オール電化について避けては通れない問題として、電気代の高騰が挙げられます

各大手電力会社が大幅な電気料金の値上げに踏み切ったのは記憶に新しい事でしょう。更に、翌月6月には追加で値上げが決まっています。

オール電化は、設備全てを電気エネルギーに頼る為、電気料金の値上げはダイレクトに家計に影響を与えてくる事でしょう。

実際に、2022年末からニュースやSNSでは電気料金に驚きの声が上がっています。曰く、

「今月の電気代10万かかった」「電気代が倍になった」「オール電化の電気代がやばい」

上記のような口コミは多数あり、多くの人が予想を越える電気料金を請求された事が伺えます。

毎月かかるお金の事ですから、電気料金が安定しないことは高いハードルであり、導入をためらわせる最も大きな要因といえるでしょう。

ただし、料金が上がっているのは電気代だけではありません。

ライフスタイルによってはお得にならない事もある

オール電化では、オール電化向けの電力プランが存在し、通常より安い料金で電気を使用することができます

ただし、全ての時間帯によって料金が安くなるわけではありません。

オール電化向けの電力プランでは通常の電力プランと比較して、昼間は電気が高く、夜間は電気が安くなっています。

東京電力エナジーパートナーの夜トクプランを例に挙げると、電気料金は以下となります。

プラン 日中電気料金 夜間電気料金
夜トク8(午後11時~午前7時まで割安) 32.71円/1kWh 21.75円/1kWh
夜トク12(午後9時~午前9時まで割安) 34.27円/1kWh 23.44円/1kWh
スタンダードS(使用量によって変動 ~120kWh:19.91円
121kWh~300kWh:26.49円
301kWh~:30.60円

4人家族の一般家庭が月間約400kWhを使用すると言われています。

通常プランは電力の使用量に応じて、一定を越えると価格帯が変わってきます。

比較してみると良くわかりますが、夜間プランの日中電気料金は通常プランの最も高い時の料金を上回ります。

反面、夜間においては通常プランのボリュームゾーンより安い料金で電気を利用する事ができます。

電力会社、電力プランによって異なりますが、東京EP夜トクプランにおいては、21時~9時の間以外では、基本的に通常プランの方がお得です。

つまり、主に夜間に電気を使用するご家庭では、オール電化住宅のメリットを享受出来ますが、日中にも潤沢に電気を必要とするご家庭では、必ずしもお得になるとは限らないということです

ご家族の長期休みや在宅ワークなどによって、日中の消費が多い場合は注意が必要です。

オール電化の導入を検討する際は、ご自身のライフスタイルをよく確認することをおすすめします。

夜間の電力使用が多い方は、オール電化向けプランが非常におすすめです。
オール電化向け電力プランで電気代がお得

停電時に設備が動かせなくなる

オール電化住宅では、その名の通り家庭内の設備を電気によって動作させます。

エネルギー源を電気に一本化することで、別エネルギーの基本使用量が削減出来るといったメリットがある反面、何らかの理由で「停電」が起こり、電力供給が絶たれてしまえば、お湯を沸かせず、調理も出来ないということになります

また、暖房器具を電力使用機器のみでまかっている場合も注意が必要です。

特に寒冷地にお住まいの方は、暖がとれないとなると時期によっては命に関わることもあることでしょう。

オール電化を導入する際には、サブとして他熱源の暖房器具を持っているとより安心です。

ただし、エネルギー源が電気に一本化されている事はメリットでもあります。
インフラの中で復旧速度がはやい

導入の為の初期費用が高額

エコキュートやIHといった設備の導入には、初期費用が高いという点も見逃せません。

例えばエコキュートとガス給湯器を例にすると、本体の価格は以下となります。

型番 定価(税込)
エコキュート EQN37XFV 1,100,000円
ガス給湯器 RUF-UME2406AW 621,170円

機種にもよりますが、本体定価において倍近い差額が発生しているのがわかります。

後々光熱費削減などによって回収をしていけるとはいえ、決して無視出来ないデメリットといえるでしょう。

ただし、エコキュート専門店などを利用することで、初期費用の高さは補うことが可能です。

専門業者に依頼すれば費用を抑えられる

それでもオール電化にするべき理由

【2023年】オール電化の気になるデメリットは?メリットも合わせて解説

これまで、オール電化の主なデメリットを挙げてきました。

しかし、そのデメリットの多くは解消、あるいは軽減出来るものが多いです。

光熱費の高騰は電気料金だけではない

光熱費高騰のひとつに原因のひとつに、原料価格の高騰があります。

ガスの原料も同じ問題を抱えており、ガス料金も同じく高騰しています。

オール電化向け電力プランで電気代がお得

デメリットの項目では、夜間の電気料金が安くなる反面、日中の電気代が高くなることを取り上げました。

給湯設備のエコキュートでは、夜間の安い電力を使用してお湯を沸き上げ、貯めておいたお湯を日中使用することで光熱費の削減が図れます。

つまり、日中に自宅に人がいることが少ないご家庭では、大半の電気を安い料金で使えるため、電気料金を抑える事ができるでしょう。

近年では、太陽光発電システムと連携する「おひさまエコキュート」も登場しました。

太陽光発電システム、蓄電池と併用すれば日中の電気料金を気にせずに使用することも可能です

インフラの中で復旧速度がはやい

デメリットの項目では、オール電化は停電に弱いという点をお伝えしました。

では、オール電化でなければ停電時も問題ないのかというとそうではありません。

例えばガス機器でも、エコジョーズのようなガス給湯暖房機やガスファンヒーターなどは使用することが出来ません。

これは、リモコン操作や排気ファンを動作させる為に電源をとっているからです。

停電時でも使えるものは、着火等に乾電池を使用しているものに限ります。

つまり、お住まいの環境によっては停電時に生活が制限される度合いは変わらない場合があります。

また、電気は、ガスや水道に比べて、災害が起こった時の復旧が早いとされています

そのため、オール電化の家庭は、災害後もガスの家庭に比べて早く料理やお風呂を使用することができるようになります。

その他の役立つメリット

他にも、オール電化には役立つメリットや低減出来るリスクがあります。

  • エコキュートの貯水タンク内の水を生活用水として使用できる。
  • ガスを使用しないので、不完全燃焼によって起こる一酸化炭素中毒の心配がない。
  • 室内でガスが燃えないため二酸化炭素が発生しないので、室内の空気が汚れない。
  • 室内で火を使わないので、火事の心配が減る。
  • IHクッキングヒーターは大抵の場合、ガスコンロよりも掃除などのお手入れが簡単にできる。

専門業者に依頼すれば費用を抑えられる

オール電化の初期導入費用は、他熱源の機器に比べ高額です。

しかし、専門業者であれば量販店や訪問販売と比較して大幅に安い金額での導入が可能です。

例えば弊社エコ突撃隊であれば、商品本体価格を78%~85%ほど削減してご提供できるオール電化セットがあります。

エコキュート専門店のメリットは以下の記事に詳しく記載していますので、是非ご確認下さい。

まとめ

以上が、オール電化の気になるデメリットと、メリットの解説となります。

オール電化住宅は様々なメリットのある住宅環境ですが、デメリットがライフスタイルに当てはまり損をしてしまうという事もあるかもしれません。

まずはご自身の生活環境を見直した上で、専門業者にご相談される事をおすすめいたします。

エコ突撃隊では、エコキュート、IHクッキングヒーター、蓄電池、太陽光発電システム等、生活を豊かにする設備を販売しています。

エコな生活に興味がある、という方は是非一度ご相談下さい。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートなら光熱費がダンゼンお得!給湯器買い替えるなら「キュートーチェンジ」

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル