オール電化

2023/12/16

エコキュートとはいったい何?知っておきたい仕組みと導入のメリット

電気温水器とエコキュートの違い

エコキュートはメリットが多い給湯器のため、導入する住宅が増えています。また、地域によっては補助金が貰える場合もあり、お得に購入できる可能性が高いです。 一方で、エコキュートは一般的な給湯器とは仕組みが違うため、購入する前にエコキュートの仕組みやメリット・デメリットなどを知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、エコキュートの仕組みを詳しく紹介し、導入のメリットやデメリットも説明します。

エコキュートとはどういうもの?

エコキュートの仕組み

エコキュートは電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器の名称です。本来の正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」で、エコキュートは関西電力の登録商標ですが、名前の響きや知名度の高さからエコキュートという愛称が広まっています。

給湯器にはエコキュート以外にガス給湯器や石油給湯器、電気温水器などがあり、お湯を温めるためのエネルギーは次のとおり異なります。

お湯を温めるためのエネルギー
エコキュート 電気と空気の熱
ガス給湯器 ガス
石油給湯器 石油(灯油)
電気温水器 電気

電気を使用してお湯を沸かす給湯器には電気温水器がありますが、電気温水器と違ってエコキュートは空気の熱を利用することが最大の特徴です。

電気だけで加熱するよりもお湯の沸き上がりが早く、給湯に必要な電気エネルギーも少なく済みます。同じ湯量を沸かすための消費エネルギーが、電気温水器の3分の1程度に抑えられます

エコキュートの仕組み

エコキュートはエアコンの室外機に似たヒートポンプユニットと、お湯を貯めておく貯湯タンクユニット、機器をコントロールするリモコンユニットの3つに分かれています。

機器ごとの仕組みを順番に解説します。

ヒートポンプユニットの仕組み

ヒートポンプユニット内部では冷媒(CO2)が循環しており、空気をファンが吸い込むと内部の空気側熱交換器を利用して冷媒が空気の熱を取り込ます。

取り込んだ熱はコンプレッサーで圧縮されると高温に上昇し、水加熱側熱交換器でお湯を作ります。役目を果たした冷媒は膨張弁で膨張されると温度が低下し、再び空気側熱交換器で空気の熱を取り込みます。

」は高い温度から低い温度へと移動する性質があり、エコキュートやエアコンといったヒートポンプ技術を活用している機器は、冷媒を温めたり冷やしたりすることで、熱を移動させて、お湯を作ったり、室内の温度を調整したりしています

貯湯タンクユニットの仕組み

貯湯タンクユニット内部には温められたお湯と水道水が層のように重なって溜まっています。低温の水道水はヒートポンプユニットの水加熱側熱交換器で温められると高温のお湯となり、タンク内部の上部に溜まっていき、必要に応じて各所に給湯されます。

お湯を溜めておく仕組みとなっているため、エコキュートは貯湯式給湯器です。一般的なガス給湯器は給湯時にガスでお湯を直接沸かしてすぐに給湯するため、瞬間式給湯器と呼びます。

  • エコキュート…貯湯式給湯器
  • ガス給湯器…瞬間式給湯器

貯湯タンクユニットの仕組みはシンプルで、水道水やお湯を溜めておき、必要に応じて各所に給湯することです。基本的な仕組みはメーカーによって違いはありません。

しかし、メーカーごとに貯湯タンクユニットに用いられている技術や材質などが異なるため、年間給湯保温効率が異なる場合があります。エコキュートを選ぶ際は、貯湯タンクユニットの性能もチェックしてみましょう

リモコンユニットの仕組み

リモコンユニットはエコキュートの全体的なコントロールを行う機器です。給湯温度の設定やお湯はりの量や時間、お湯を沸かす時間帯の設定など、さまざまな操作ができます。

台所と風呂場の二カ所に設置し、メーカーや機種によっては機器を通じて会話することが可能です。また、機種によってはスマートフォンアプリとの連携機能があり、自宅に居なくてもお湯はりの設定や、遠い場所で暮らしている方の見守りなどが行えます。

エコキュートを導入するメリットとは?

エコキュートを導入するメリットは以下のとおりです。

  • お湯を沸かすためのランニングコストを大幅に節約できる
  • 非常用の生活用水を確保できる
  • 環境に負荷をかけにくい

上記のメリットを順番に解説します。

お湯を沸かすためのランニングコストを大幅に節約できる

エコキュートの最大のメリットは、お湯を沸かすためのランニングコストを大幅に節約できることです。次の表は、同じ湯量を沸かした場合のエコキュートとほかの給湯器のランニングコストを比較したものになります。

エコキュート ガス給湯器 電気温水器 石油給湯機
北海道電力エリア 約54,000円 約104,400円 約184,800円 約78,000円
東北電力エリア 約48,000円 約98,400円 約189,600円 約70,800円
北陸電力エリア 約42,000円 約112,800円 約166,800円 約70,800円
東京電力エナジーパートナーエリア 約37,200円 約73,200円 約158,400円 約81,600円
中部電力エリア 約25,200円 約81,600円 約100,800円 約67,200円
関西電力エリア 約20,400円 約75,600円 約87,600円 約63,600円
中国電力エリア 約43,200円 約108,000円 約176,400円 約67,200円
四国電力エリア 約44,400円 約93,600円 約193,200円 約66,000円
九州電力エリア 約20,400円 約102,000円 約84,000円 約64,800円
沖縄電力エリア 約27,600円 約62,400円 不明 約55,200円

実際のランニングコストは給湯器の性能やお湯の使い方などによって異なりますが、すべての地域でエコキュートのランニングコストが抑えられていることが分かります。

エコキュートは電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器です。お湯を沸かすために必要なエネルギーの消費量がガスや石油、電気のみに比べると少なく済むため、お湯を沸かすためのランニングコストが安いです。

地域やエコキュートの性能にもよりますが、東京電力エナジーパートナーエリアでガス給湯器からエコキュートに交換した場合、年間約35,000円の節約ができ、10年間で約350,000円の節約効果を期待できます

家庭の支出を減らしたいと考えている方は、エコキュートへの買い替えを検討してみましょう。

非常用の生活用水を確保できる

エコキュートは貯湯タンクユニットにお湯を溜めており、外側から操作すると取り出すことが可能です。

メーカーや機種によって貯湯タンクユニットの容量は異なりますが、4人家族向けの一般的なエコキュートの場合、貯湯容量が370L程度はあります。つまり、エコキュートを購入していれば2Lペットボトル換算で約185本分の生活用水を確保できます

エコキュートの貯湯タンクユニットから取り出したお湯は飲用水として使用できませんが、体を拭いたり、食器を洗ったりする生活用水として使用することは可能です。万が一、断水が発生しても、生活用水を大量に確保できていることは安心に繋がります。

環境に負荷をかけにくい

エコキュートは電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器のため、ガス給湯器や石油給湯器に比べてCO₂排出量が抑えられています。

メーカーや機種によって異なりますが、従来のガス給湯器からエコキュートに買い替えると、年間約22%のCO₂排出量の削減が可能です。

また、エコキュートは電気で稼働する住宅機器のため、太陽光発電システムとの相性が非常に良いです。太陽光発電システムを設置して発電すれば、エコキュートを稼働するための電気をご自宅で賄うこともできます。

つまり、エコキュートはガス給湯器や石油給湯器などの他の給湯器に比べて、環境に負荷をかけにくいというメリットもあります。環境のことを考えている方は、エコキュートの導入も検討してみましょう

エコキュートを導入するデメリットは?

エコキュートのデメリットとは?
エコキュートを導入するデメリットは以下のとおりです。

  • 初期費用はガス給湯器よりも高額
  • お湯を使いすぎると湯切れが起きる
  • 設置場所を選ぶ

上記のデメリットを順番に解説します。

初期費用はガス給湯器よりも高額

エコキュートの最大のデメリットは、工事費込みの初期費用がガス給湯器に比べて高額な傾向があることです。

メーカーや機種によりますが、ガス給湯器の工事費込みの初期費用の相場が150,000円~250,000円程度に対して、エコキュートは400,000円~700,000円となっています。

エコキュートに買い替えた場合と、ガス給湯器に買い替えた場合では、初期費用で差額250,000円~450,000円が発生するため、初期費用だけを考えるとガス給湯器のほうがお得です。

ただし、エコキュートはランニングコストがお得なため、エリアや機器によっては10年以内に初期費用の差額を回収できる可能性は十分にあります

例えば、東京電力エナジーパートナーでガス給湯器からエコキュートに買い替えた場合、10年間で約350,000円、14年目で約450,000円を超えます。

エコキュートの寿命は10年~15年と言われているため、購入するエコキュートの価格にもよりますが、初期費用の差額を回収でき、一定の節約効果を得られる可能性は高い給湯器です。

お湯を使いすぎると湯切れが起きる

エコキュートは貯湯式給湯器です。夜間にお湯を沸かして、翌日にお湯を消費する仕組みとなっており、お湯を使いすぎると湯切れを起こす可能性があります。

湯切れになれば、お湯を沸かすまで利用できません。お湯を使いたい時に、すぐに利用できないことは不便なポイントです。

また、湯切れを起こして日中にお湯を沸かすと、ランニングコストが高くなる可能性もあります。

エコキュートのランニングコストが安い理由の1つに、季節別時間帯別電灯に切り替えることが挙げられます。季節別時間帯別電灯とは、季節や時間帯によって電気量料金単価が異なるプランで、基本的に日中よりも夜間の方が1kWhあたりの単価が安いです。

例えば、東京電力エナジーパートナーでは、スマートライフSの電気量料金単価が適用されます。

単位 料金
基本料金 10Aにつき 1契約 295.24円~
電気量料金単価 午前6時~翌午前1時 1kWhあたり 35.96円
午前1時~午前6時 28.06円

湯切れを繰り返して日中にお湯を沸かそうとすると、電気代が余分にかかってしまい、お湯を沸かすためのランニングコストが高くなってしまう可能性があります。

エコキュートを導入した場合、お湯の使い方に注意しましょう。

設置場所を選ぶ

エコキュートは一般的なガス給湯器に比べて設置場所を選ぶ給湯器です。

エアコンの室外機に似たサイズのヒートポンプユニットに加えて、人の背丈よりも大きい貯湯タンクユニットを設置し、なおかつメンテナンスするスペースを確保する必要があります。

狭小スペース用のエコキュートも販売されていますが、必ず設置できるとは限りません。

また、過去にはヒートポンプユニットの騒音被害も報告されています。現在では機器の性能や環境への配慮も進んでおり、音は小さくなり、場合によっては防音壁や防音シートを設置するなどの対策もあるため、音が問題になるケースは少ないです。

しかし、ヒートポンプユニットの向きによっては冷たい空気が隣家に流れてしまう可能性があります。

そのため、エコキュートを購入する際は、設置状況を確認し、エコキュートに関する詳しい知識を持った業者に依頼すると良いです。

我が家にぴったりなエコキュートを選ぼう

以上が、エコキュートの仕組みとメリットやデメリットの解説です。エコキュートは電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器で、省エネ性能に優れているためお湯を沸かすためのランニングコストが抑えられます。

エコキュートを導入するメリットとデメリットは以下のとおりです。

エコキュートを導入する
メリット お湯を沸かすためのランニングコストを大幅に節約できる
非常用の生活用水を確保できる
環境に負荷をかけにくい
デメリット 初期費用はガス給湯器よりも高額
お湯を使いすぎると湯切れが起きる
設置場所を選ぶ

メリットとデメリットを比較すると、エコキュートは導入したほうがメリットのほうが大きい給湯器と言えます。

エコキュートを導入するデメリットはありますが、知識が豊富な業者から家庭に合った商品を低価格で購入できるならデメリットを抑えることが可能です。

エコ突撃隊」は独自の仕入れルートにより、メーカー正規品を低価格で販売しております。エコキュートに関する知識が豊富なスタッフが現地調査を行い、ご家庭に合った商品を提案いたします。エコキュートに興味がある方は、ぜひご相談ください。

こちらの記事もおすすめ!

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートなら光熱費がダンゼンお得!給湯器買い替えるなら「キュートーチェンジ」

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル