オール電化

2022/07/20

SDGsとはどんな取り組みなの?再生可能エネルギーの必要性や省エネ性能の高い住宅設備を利用するメリットを解説

SDGsとはどんな取り組みなの?再生可能エネルギーの必要性や省エネ性能の高い住宅設備を利用するメリットを解説

最近は人々の環境やSDGsへの意識が高まり、自分にできることとして省エネ性能の高い住宅設備の導入を検討している方が増えています。しかし、SDGsとはどのような取り組みなのか、きちんと理解していない方もいるかもしれません。 そこで今回は、SDGsとはどんな取り組みなのか分かりやすく解説します。

政府が推進する再生可能エネルギーや省エネ性能の高い住宅設備を利用するメリットも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

SDGsとは?

SDGsとは?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。サステナブル、あるいは持続可能性として用いられることもありますが、基本的には国連連盟加盟国が2016年~2030年までに達成する17の目標のことを指します。

17の大きな目標は以下のとおりです。

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等感をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任、つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさを守ろう
  • 平和と構成をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

上記の大きな目標を達成するための具体的な小さな目標が169個あります。例えば、「気候変動に具体的な対策を」には、次のような小さな目標が示されています。

  • 気候変動への対応を、それぞれの国が、国の政策や、戦略、計画に入れる
  • 気候変動が起きるスピードをゆるめたり、気候変動の影響に備えたり、影響を減らしたり、早くから警戒するための、教育や啓発をより良いものにし、人や組織の能力を高める

上記以外にも小さな目標はありますが、「気候変動に具体的な対策を」では、気候変動に対する取り組みや教育を国が率先して行うように促しています。

日本での気候変動に関する取り組み

日本は2016年時点で世界の二酸化炭素排出量の3.5%を占めており、世界で5番目に高い国です。なお、日本より排出量が多い国は次のとおりです。

  • 中国…28.0%
  • アメリカ…15.0%
  • インド…6.4%
  • ロシア…4.5%
  • 日本…3.5%

日本は上位の国に比べて国土や人口は少ないですが、24時間営業のお店や、各家庭にエアコンが置いてある、物流が昼夜問わず動いているなど、様々な理由が積み重なって二酸化炭素排出量が多くなっています。

そのため、政府は二酸化炭素排出量を削減する取り組みを行っており、その1つに再生可能エネルギーの割合を増やすことがあります。

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギーとは、太陽光や風力、水力など、非化石エネルギー源のうち、エネルギー源として永続的に利用できる物を指します。具体的には、次のエネルギーが再生可能エネルギーです。

  • 太陽光
  • 風力
  • 水力
  • 地熱
  • 太陽熱
  • 大気中の熱
  • バイオマス

再生可能エネルギーは石炭や天然ガスなどと違い、発電する際に二酸化炭素を排出しません。そのため、政府は2030年度までに再生可能エネルギーの電力比率を22~24%に引き上げようと取り組んでいます。

2019年度時点で、日本の再生可能エネルギーの電力比率は18%で、内訳は水力を除く再生可能エネルギーが10.3%、水力が7.7%です。

電力比率は目標数値に届いておりませんが、2020年時点での太陽光発電導入容量は中国、アメリカに続いて3位となっており、順調に増えています。

政府はさらに再生可能エネルギーの比率を高めるべく、太陽光発電システムの導入に補助金を出したり、東京都では新築戸建て住宅に対して太陽光発電パネルの設置を事業者に義務化したりするなどの動きがあります。

再生可能エネルギーだけでは安定供給が難しい

再生可能エネルギーの発電比率は年々上昇していますが、日本の電力事情は厳しいです。2022年6月末には東京電力管内で電力需給が厳しくなるため、電力需給ひっ迫警報が発令されました。

日本の電力事情は様々な要因が絡んでいますが、そもそも再生可能エネルギーだけでは電力を賄うことができません

例えば、太陽光発電は昼間だと最も出力が安定しますが、朝や夕方は不安定になりやすく、夜間は発電できません。風力発電やバイオマス発電も季節や天候によって発電量が変動するため、安定しているとは言い難いです。

そのため、日本は再生可能エネルギー以外に、出力調整が可能な火力発電や、電力を蓄えられる蓄電池などを組み合わせて、電力を供給しています。

将来的には太陽発電を含めた再生可能エネルギーの発電量を増やす予定ではいますが、現時点では発電だけでなく、電力を節約する、あるいは蓄えるなども重要です。

SDGsにおいて私たちにできること

SDGsの目標を達成するには、国や企業だけでなく、私たちも日頃から意識をして様々な活動に取り組むことが望ましいです

例えば、「気候変動に具体的な対策を」の目標を達成するなら、電力消費量を節約する、あるいは自宅に太陽光発電システムを設置して、自分でエネルギーを賄うなどの方法があります。

国や自治体も国民がSDGsに参加できるように、次の省エネ性能の高い住宅設備の購入に補助金を出しています。

  • エコキュート
  • 蓄電池
  • IHクッキングヒーター
  • 太陽光発電システム

補助金の金額や条件は国や自治体、団体によって異なりますが、省エネ性能の高い住宅設備を購入する際に役立つので、検討してみましょう。

省エネ性能の高い住宅設備を購入するメリット

省エネ性能の高い住宅設備を購入すると、次のようなメリットがあります。

  • 光熱費が節約できる
  • 災害時に日常に近い生活を送ることができる

上記のメリットを順番に解説します。

光熱費が節約できる

省エネ性能の高い住宅設備は、電力消費量が少ないため光熱費を節約できます

例えば、エコキュートは電気と空気の力でお湯を作る給湯器です。ヒートポンプユニットで取り込んだ空気を圧縮して取り出した熱でお湯を作ると、貯湯タンクユニットに貯めておき、必要に応じて各所に給湯します。

エコキュートは一般的なガス給湯器や電気温水器に比べて、同じ湯量を作るのに必要なランニングコストを大幅に節約できます。次の表は、エコキュートとガス給湯器のランニングコストを比較したものです。

エコキュートの年間のランニングコスト(税込) ガス給湯器の年間ランニングコスト(税込)
北海道電力エリア 約32,400円 約109,200円
東北電力エリア 約21,600円 約104,400円
北陸電力エリア 約20,400円 約118,800円
東京電力エリア 約24,000円 約78,000円
中部電力エリア 約24,000円 約87,600円
関西電力エリア 約20,400円 約81,600円
中国電力エリア 約22,800円 約112,800円
四国電力エリア 約28,800円 約99,600円
九州電力エリア 約18,000円 約108,000円
沖縄電力エリア 約10,800円 約54,000円

家族の人数やライフスタイルによって実際の金額は異なりますが、ガス給湯器からエコキュートに交換するとランニングコストを4分の1程度抑えることが可能です。

同様に蓄電池や太陽光発電システムを設置すれば、電力消費量が抑えられるので、光熱費の節約につながります

災害時に日常に近い生活を送ることができる

台風や地震などの災害によって停電や断水が起きる可能性は高いです。実際、2019年に発生した台風15号により、千葉県では鉄塔や電柱が倒壊して最大64万戸が停電し、完全に復旧するまで19日間かかりました。

停電が長期化すると、スマートフォンの充電ができなくなったり、外部の情報を入手できなくなったりします。状況によっては自宅で暮らすことができないので、親戚を頼る、あるいは避難所での生活を余儀なくされます。

しかし、太陽光発電システムや蓄電池があれば、災害時でも日常に近い生活を送ることは可能です。例えば、太陽光発電システムを設置していて、エコキュートやIHクッキングヒーターがあれば、お風呂に入ったり、調理ができたりします。

また、蓄電池があると、日中に発電した余剰電力を蓄えて、夕方から朝にかけてスマートフォンの充電やエアコンを付けることも可能です。他にも、エコキュートは貯湯式給湯器システムなので、貯湯タンクユニット内部にお湯を貯められます

一般的なエコキュートの貯湯容量が370Lなので、2Lのペットボトル約175本分の生活用水を確保できます。

住んでいる地域によっては、夏や冬の停電は生命に関わる場合もあります。災害時に普段通りの生活を過ごせるように備えておきたいと考えている方は、太陽光発電システムやエコキュートなどの省エネ性能の高い住宅設備の導入を検討してみましょう。

まとめ

以上が、SDGsの解説になります。SDGsは世界の様々な問題の解決に向けて、段階的な目標を定め、国や企業が取り組んでいくという活動です

日本はSDGs実施指針という達成に向けた中長期的な国家戦略を作成し、エネルギーや気候変動対策は優先すべき課題の1つに挙げています。そのため、省エネ性能の高い住宅設備の導入に補助金が貰える傾向があります。

地球温暖化を防ぐために、ガス給湯器からエコキュートに取り換える、あるいはエネルギーを自分で賄えるように太陽光発電システムを設置するなど、個人でできることはあります。

エコ突撃隊では環境に強く、環境にやさしい、ライフスタイルを提案いたします。給湯器や太陽光発電システムなどの住宅設備の見直しと検討してみてはいかがでしょうか。環境に配慮したエコ突撃隊にご相談ください。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

エコキュートを探す

メーカーから探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

IHクッキングヒーターを探す

メーカーから探す

ヒーター種類から探す

トッププレートの幅から探す

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル