太陽光発電

2022/04/20

長州産業の創蓄連携セットとは?メリットやデメリット、おすすめの人を解説

長州産業の創蓄連携セットは?メリットやデメリット、おすすめの人を解説

太陽光発電パネルや蓄電池をこれから導入したいと考えている方は、創蓄連携セットがおすすめです。創蓄連携セットは太陽光発電パネルと蓄電池がセットになった商品で、停電が長引いても対応できます。 ただし、創蓄連携セットはおすすめの人がいれば、おすすめできない人もいます。

そこで今回は、長州産業の創蓄連携セットのメリットやデメリット、おすすめの人、おすすめできない人などを解説します。

目次

創蓄連携とは?

創蓄連携とは、「電気を創る」「電気を蓄える」「創るのと蓄えるのを上手に連携する」という3つのポイントを重視した太陽光発電システムのことを指します。

元々はパナソニックが考案した、太陽光発電と蓄電池を連携させ、より効率よく電気を活用させるシステムのことで、現在では太陽光発電パネルと蓄電池、パワーコンディショナーがセットになった太陽光発電システムのことを「創蓄連携システム」「創蓄連携セット」と呼びます。

創蓄連携の最大の特長は、太陽光発電パネルと蓄電池用のパワーコンディショナーを一体化したことです。

太陽光発電パネルで発電した電力はそのままだと住宅用の電力として使えません。そのため、太陽光発電パネル用のパワーコンディショナーで直流電力を交流電力へ変換します。

また、蓄電池に電力を蓄える際にも変換が必要なため、蓄電池用のパワーコンディショナーも必要です。

太陽光発電パネルと蓄電池でパワーコンディショナーが別々だと、電力を変換するたびに少量のエネルギーロスが発生し、停電時の出力が1.5kWまで低下するなどの問題がありました。

しかし、パナソニックは業界で初めて2つのパワーコンディショナーを一体化することに成功し、大きな注目を集めたのです。

創蓄連携のメリット

創蓄連携のメリット

パワーコンディショナーを1つにした創蓄連携のメリットは、電気の変換ロスが少なくなって効率的に運用できることです。直流電力をそのまま蓄電池に充電できるので、電力を無駄なく蓄えることができます。

また、機種にもよりますが停電時に出力が制限されません。停電時に太陽光発電パネルが発電した電力を全て利用可能なので、家電製品を動かしつつ、余剰電力をスピーディーに蓄電池に充電できます。

ほかにも、創蓄連携だと太陽光発電パネルと蓄電池のメーカーが同じというメリットがあります。同じメーカーの商品を購入するので相性は良く、トラブルが起きたとしても1つのメーカーに相談すれば対応するため余分な手間が必要ありません。。

創蓄連携のデメリット

創蓄連携のデメリットは初期導入費用が高額になりやすいことです。販売業者によって価格は異なりますが、太陽光発電パネルと蓄電池、パワーコンディショナーをセットで購入するので、初期導入費用が200万円を超える可能性もあります。

また、創蓄連携は既に太陽光発電パネルや蓄電池がある住宅には不向きというデメリットもあります。創蓄連携では太陽光発電パネルと蓄電池のパワーコンディショナーが一体化しているため、今ある太陽光発電パネルと蓄電池を両方外す必要があります。

ほかにも、創蓄連携はセットになっている太陽光発電パネルと蓄電池が指定されているので、自分で選ぶことができません。創蓄連携を購入する際は、太陽光発電パネルと蓄電池の性能をきちんと比較しましょう。

太陽光発電パネルと蓄電池はセットで必要なの?

太陽光発電パネルと蓄電池はセットで購入する必要はありません。しかし、次の理由からセットで購入しておくと良いです。

  • 停電が長期化した時に対応できる
  • 卒FIT後の電気代が節約できる

上記の理由を順番に解説します。

停電が長期化した時に対応できる

太陽光発電パネルと蓄電池をセットで購入しておけば、停電が長期化しても日常に近い生活を送ることができます

太陽光発電パネルがあれば、停電が起きても自分で発電して家電製品を動かすことは可能です。しかし、夕方以降になると発電はできず、天気が曇りだと発電力が下がってしまいます。

蓄電池があれば、停電が起きた時に電力会社から購入して蓄えている電力で家電製品を動かすことができます。しかし、蓄電池だけだと停電時に充電はできないので、長期化すれば電力が無くなってしまいます。また、停電時に十分な電力を蓄えてあるとは限りません。

太陽光発電パネルと蓄電池をセットで購入していれば、停電時でも太陽光発電パネルで発電した電力で家電製品を動かし、夕方以降は蓄電池で蓄えていた余剰電力を利用できます。

実際、2018年9月に起きた北海道地震による大規模停電で、太陽光発電パネルと蓄電池をセットで運用していた方の多くが、日常に近い生活を送れたと回答しています。

卒FIT後の電気代が節約できる

FITとは太陽光発電パネルとで発電した電力の買取価格固定制度のことです。太陽光発電を普及させるための制度で、設置してから10年間は電力の買取価格が高く設定されています。

しかし、10年が経過すると買取価格は固定でなくなり、電力会社が設定した価格まで下がります。10年が経過したことを卒FITと呼びます。

電力会社にもよりますが、卒FIT後の売電価格は現在の5分の1以下に下がります。一方で、電力会社から購入する買電価格はコストの高騰などの理由もあり上昇傾向にあります。

そのため、卒FIT後は電力会社に電力を売るのではなく、電力会社から購入する電力を少なくする方が光熱費を節約できます

蓄電池があれば、日中に消費しきれなかった余剰電力を充電して、夕方以降に利用することができます。夕方以降の買電量を減らすことができれば、光熱費の節約につながります。

以上の理由から、太陽光発電パネルと蓄電池はセットで運用した方が良いと言えます。

創蓄連携がおすすめの人

創蓄連携がおすすめの人

創蓄連携がおすすめの人は、これから太陽光発電パネルや蓄電池を設置しようと考えている方です。また、停電時でも200Vの出力を必要とするエアコンやIHクッキングヒーターを利用したい方にもおすすめです。

太陽光発電パネルや蓄電池をすでに設置しており、老朽化や故障で取り換えたいという方も創蓄連携の検討をおすすめします。

創蓄連携がおすすめできない人

既に太陽光発電パネルか蓄電池を設置している方には、創蓄連携があまりおすすめできません。

創蓄連携は太陽光発電パネルと蓄電池のパワーコンディショナーが一体化しています。すでに太陽光発電パネルを設置している、あるいは蓄電池を設置している場合、既存の設備を外すことになります。

老朽化や故障しているならまだしも、新しい太陽光発電パネルや蓄電池だと取り外すのはもったいないです。そのため、太陽光発電パネルか蓄電池のどちらかを追加したい方は、創蓄連携ではなく、単体で購入すると良いです。

太陽光発電パネルや蓄電池を単体で追加購入する際の注意点

太陽光発電パネルや蓄電池を追加で購入する際は、対応できる回路数に注意します。

太陽光発電パネルは複数枚のパネルを1つに束ねて1回路と呼びます。回路数は太陽光発電パネルと蓄電池ごとに異なるので、仮に太陽光発電パネルが5回路なのに、蓄電池が4回路までしか対応できない場合、発電量は5分の4まで低下します。

太陽光発電パネルと蓄電池を購入する際には、設備に対して知識があり、きちんと対応できる業者を選びましょう。

長州産業の創蓄連携セット

エコ突撃隊では、長州産業の太陽光発電パネルと蓄電池をセットにした創蓄連携セットを販売しています。それぞれのスペックについて、順番に解説します。

長州産業の太陽光発電パネル

長州産業の創蓄連携セットで購入できる太陽光発電パネルは「CS-284B61」です。次の表は出力や枚数などのスペックをまとめたものです。

CS-340B81
シリーズ 単結晶Bシリーズ
公称最大出力 340W
モジュール変換効率 20.00%

長州産業は太陽光発電パネルの国内メーカーです。日本の住宅に適した最適な太陽光発電パネルや蓄電池システムを提供しており、管理された国内工場で生産しているので安心して購入できます。

CS-340B81は単結晶Bシリーズモジュールの1つです。高効率単結晶太陽電池セルを採用したシリーズで、日本の屋根に合うように省スペース設計となっているのが特徴です。

また、低反射ガラスを採用しているので、太陽光の反射や散乱が少なく、より多くの光を内部に取り込むことができます。

長州産業の蓄電池

長州産業の創蓄連携セットで購入できる太陽光発電パネルは「CB-P65M05A」です。次の表は蓄電池のスペックをまとめたものです。

CB-P65M05A
蓄電容量 6.5kWh
実効容量 5.9kWh
外形寸法 W490mm×H847mm×D147mm
質量 約65kg
設置場所 屋内・屋外
設置方法 屋内:壁面取付(床置き状態)
屋外:自立設置

CB-P65M05Aは長州産業の蓄電池「スマートPVマルチ」シリーズの1つです。蓄電容量は6.5kWhながら、コンパクトな設計となっているのでスペースをあまり取りません。 CB-HYB04Aは世界最小・最軽量クラスの蓄電池として開発されています。サイズがほかの蓄電池と比べて小さいので、設置する場所を選ばず、工事の際にはクレーンや基礎工事を必要としません。
運転モードが売電を重視した「経済モード」、電力の自家消費を重視した「グリーンモード」、売電と災害対策を重視した「安心モード」の3種類があります。状況に応じて最適なモードを選択できるので、卒FIT後でも活躍します。

停電時定格出力が4kVAあるので、停電時でも200Vの家電製品を動かすことができます。ただし、特定負荷型の蓄電池のため、停電時に給電できる部屋を指定する必要があります。
また、スマートPVマルチは翌日の気象情報から最適な充放電を実施するAI制御機能とクラウド監視機能を搭載しています。電力会社からの買電量を抑えるので、電気料金の節約につながります

まとめ

以上が、長州産業の創蓄連携セットについての解説です。創蓄連携セットはこれから太陽光発電パネルと蓄電池を導入したいと考えている方や、太陽光発電システムを丸ごと交換したいと考えている方におすすめの商品です。

太陽光発電パネルと蓄電池をセットで運用していれば、停電が長期化しても日常に近い生活を送ることができ、卒FIT後の光熱費の節約にも役立ちます。

ただし、既に太陽光発電パネルや蓄電池を設置している方は、創蓄連携セットを購入するのはおすすめできません。また、あとから太陽光発電パネルか蓄電池を導入しようとしている方は、購入しようとしている製品と設置済みの設備の相性も考えなくてはいけません。

エコ突撃隊では様々なメーカーの太陽光発電パネルや蓄電池を販売しております。長州産業以外のメーカーの創蓄連携セットも扱っております。太陽光発電パネルや蓄電池、創蓄連携セットについて疑問がありましたら、ぜひご相談ください。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

太陽光発電費用が設置工事費込で激安特価!大阪の太陽光リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

太陽光 無料お見積り

メールでお問合せ

住宅設備のことならお任せください!エコ突フリーダイヤル