蓄電池

2020/12/27

エコ突撃隊で人気の蓄電池ランキング! 蓄電池を選ぶときのポイントも解説

エコ突撃隊では30機種以上の蓄電池を扱っており、他店に負けない価格と質の高い工事を提供しております。しかし、蓄電池の種類は豊富で、電気関係に詳しくない方だと、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、エコ突撃隊で人気の蓄電池ランキングを作成しました。蓄電池を選ぶときに比較すべきポイントや、ランキング上位の蓄電池の解説をしますので、ぜひ最後までご覧ください。

エコ突撃隊で人気の蓄電池ランキング

次の表はエコ突撃隊で人気の蓄電池ランキングになります。蓄電池を選ぶ際に重要な3つのポイントと価格、メーカーを比較できるようにしているため、参考にしてください。

順位 1位
製品名 EIBS7
エコ突撃隊の価格 1,298,000円~1,328,800円
蓄電容量(実効容量) 7.04kWh(6.2kW)
サイクル寿命 12,000サイクル
サイズ(W/H/D) 445/698/198mm
メーカー 田淵電機
順位 2位
製品名 EIBS
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 4.0kWh(3.4kW)
サイクル寿命 12,000サイクル
サイズ(W/H/D) 487/681/200mm
メーカー 田淵電機
順位 3位
製品名 スマートスターL
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 9.8kWh(9.8kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 762/1145/466mm
メーカー 伊藤忠商事
順位 4位
製品名 DMM.make smart
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 9.8kWh(8.8kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 762/1145/440mm
メーカー DMM.energy
順位 5位
製品名 エネパワボL
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 9.8kWh(8.8kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 762/1145/440mm
メーカー 伊藤忠エネク
順位 6位
製品名 ESS
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 11.1kWh(9.4kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 1060/1250/300mm
メーカー nichicon
順位 7位
製品名 KPAC-Aシリーズ
エコ突撃隊の価格 1,228,000円
蓄電容量(実効容量) 6.5kWh(5.9kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 452/656/120mm
メーカー omron
順位 8位
製品名 フレキシブル蓄電システム
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 9.8kWh(8.2kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 650/493/222mm
メーカー 長州産業
順位 9位
製品名 iedenchi
エコ突撃隊の価格 激安特価
蓄電容量(実効容量) 9.8~10.24kWh(8.8~9.2kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 762/1145/440mm
メーカー ネクストエナジー
順位 10位
製品名 クラウド蓄電池システム
エコ突撃隊の価格 1,228,000円~1,758,000円
蓄電容量(実効容量) 4.2~8.4kWh(4.0~8.0kWh)
サイクル寿命 6,000サイクル
サイズ(W/H/D) 700/360/605mm
メーカー シャープ

蓄電池を選ぶときは次の3つが大事なポイントになります。

  • 蓄電容量
  • サイクル寿命
  • サイズ

蓄電容量

蓄電容量とは、電池内部にどれだけの電気を蓄えられるのか表す数値です。kWh、あるいはWhという単位を用い、数値が多いほど大量の電気を蓄えられます。

ただし、蓄電容量には定格容量と実際に使用可能な容量が異なります。蓄電池に使うリチウムイオン電池は電池の容量が100%・0%に達すると劣化しやすいという性質があり、劣化を防ぐためにカタログにある数値よりも実際に使用できる容量は少なくなります。

蓄電池の容量が大きいと震災時に停電が起きても、冷蔵庫や通信機器といった重要な家電を長期間動かすことが可能になります。

サイクル寿命

サイクル寿命は蓄電池の寿命を指します。一般的なバッテリーを使い続けると、バッテリーのヘリが速くなったり、充電に時間が掛かるようになります。これと同じ現象は蓄電池にも発生し、バッテリーの劣化が現れるまでをサイクル寿命と呼びます。

一般的な蓄電池は1日1サイクルのため、1年365回、15年で約5,500回です。選ぶ際の目安になりますが、蓄電池によっては1日2サイクルおこなう機種もあるので注意しましょう。

サイクル寿命が長い蓄電池はバッテリーの劣化まで時間が掛かるため、長期にわたって使用し続けることができます。

サイズ

蓄電池を選ぶ際にサイズは見落としがちですが、しっかりと確認すべきです。購入したいと考えて選んでも、設置する場所が無くて購入できないというケースは珍しくありません。

最近では屋外だけでなく屋内に置くことも可能なコンパクトな蓄電池が登場しており、戸建て住宅だけでなくマンションの方も購入しています。

蓄電池選びのポイント

蓄電池とV2Hの違いは?

V2Hとは、Vehicle to Homeの略称で、電気自動車に蓄えた電気を家庭で利用できるように変換するシステムです。一般的な蓄電池の3倍から4倍の電気を蓄電する電気自動車を家庭用蓄電池として使用することができるシステムで、電気自動車に充電する際の充電時間が半分になるメリットがあります。

詳しくは次の記事でまとめてありますので、ぜひご覧ください。

ランキング1位 「EIBS7」

田淵電機のEIBS7は停電時でもIH調理器やエコキュート、大型エアコンを使用可能という自立出力が高い蓄電池です。同一サイズで3機種あり、機種によって出力は異なりますが、増設をすることで出力をアップすることもできます。

ネットワークに標準対応しており、4種類ある蓄電運転モードをスマートフォンやタブレットから変更可能。さらに、通常の蓄電池は1日1サイクルですが、EIBS7は1日2サイクルのスマートモードを搭載しています。

1日1サイクルの蓄電池は電池が空っぽになると不足分の電気を日中に電力会社から購入しますが、1日2サイクルが可能なEIBS7は電気代の安い深夜に購入するので、電気代の削減効果を期待できます。

出力の高い全負荷型の蓄電池のため地震や災害で停電した時でも、普段と変わらない生活を送ることができ、高い節電・売電効果も期待できる蓄電池になります。

ランキング2位 「EIBS」

EIBSはランキング1位のEIBS7の前シリーズにあたります。高効率なパワーコンデショナと大容量のリチウムイオン電池を搭載しており、4つの運転モードを使い分けることでライフスタイルに合った運用が可能になった蓄電池です。

従来製品に比べて小型化・軽量化に成功しており地面に設置するだけでなく壁掛けにも対応しています。パワーコンデショナの追加接続により、狭い住宅から大型の住宅まで使用する環境を選ばないのもポイントになります。

最大の特徴は12,000回以上の充放電を繰り返しても、蓄電容量は70%以上をキープできるリチウムイオン電池にあります。他の製品と比べても圧倒的なスペックとなっており、長期間の使用が可能です。

EIBS7ほどの高出力蓄電池ではありませんが、機能や性能のバランスが良く、長期間の使用ができるためコストパフォーマンスに優れている蓄電池といえます。

ランキング3位 「スマートスターL」

スマートスターLは平均的な家庭の1日の消費電力をまかなえる大容量蓄電池です。出力も高く、停電時でもエアコンやエコキュート、IH調理器、エネファームなどの200V機器も使えるため、災害時にも活躍します。

名称のスマートとは、人工知能AIを搭載していることを指しており、AIが蓄電時の充電・放電を最適化。家庭ごとの電力需要パターンを学習し、太陽光による発電と深夜の安い電力のバランスを見極めます。

充電・放電・売電などの状況は専用のアプリによってスマートフォンやタブレット、パソコンからいつでも確認することができます。また、新サービスに「気象警報自動検知機能」があり、気象庁の発令する災害警報を蓄電システムが検知して災害に備えて蓄電モードに移行します。

約3時間で満充電になるスピード充電機能も付いており、住宅のスマート化を実現する次世代の蓄電システムです。

ランキング4位 「DMM.make smart」

DMM.make smartはもしもの時に備えた大容量蓄電池です。ネットコンテンツで有名なDMMが手掛けている蓄電池で、蓄電池メーカーとしては後発ですがランキング3位の「スマートスターL」や、ランキング9位の「iedenchi」と同程度のスペックを有しています。

ランキング1位の「EIBS7」と同じ全負荷型蓄電池のため、停電時でもすべての部屋の電化製品が使用できます。同時出力が3,000Wと非常に大型のため、普段の生活をそのまま送ることも可能です。

残念ながらAI機能は搭載していませんが、DMM.make smartは停電時でも太陽光発電システムは自立運転モードにならず、6kWまで稼働することができます。

AI機能を投資してはいませんが、基本的なスペックは高く、停電時でも太陽光発電システムが通常通りに動くのは魅力的なポイントです。

ランキング5位 「エネパワボL」

エネパワボLは全負荷型タイプの蓄電システムで、定格容量が9.8kWhと大型のため家庭で使う一日の電気使用量を蓄電できます。最大の特徴はAI「GridShare」を搭載しているため、再生可能エネルギーの最適運用が可能になったことです。

AIは一日の電気の消費・充電・放電・発電を記録し、どのようにすれば効率よく運用できるかユーザーの代わりに判断して実行します。運転モードである程度の節電・売電効果は期待できますが、画一的なシステムのため、AIの方が効率の面では上回っています。

非常時には自動で自立運転に切り替わるため、深夜に停電しても安心です。システムの状態は専用のエネルギーモニターによって可視化されているため、いつでも確認することができます。太陽光発電だけでなく、エコキュートやエネファームなどの「家のスマート化」を目指している方にピッタリの蓄電池です。

まとめ

以上が、エコ突撃隊で人気の蓄電池ランキングになります。6位以下の蓄電池はスペック的に上位と変わらない機種もあり、中には屋内に設置できるほどコンパクトな蓄電池もあります。また、ランキングに入りきりませんでしたが、エコ突撃隊では多種多様な蓄電池を揃えております。

弊社は22年の歴史と施行件数25,000件という実績があり、蓄電池に関する知識と経験は豊富です。また、業界最安値にも自信があり、他店が当店より1円でも安い場合は、他店見積書のご提示で完全対応いたします。蓄電池に関するご相談がありましたら、ぜひエコ突撃隊までご連絡くださいませ。

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、関西電力グループの施工パートナー店に認定されました。
関西電力グループの「かんでんEハウス」が審査を行い認定したパートナーショップです。
施工品質や現場マナーは「かんでんEハウス」が定める基準を遵守しております。
安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

蓄電池費用が工事費込で激安価格!蓄電池はエコ突撃隊にお任せ下さい。

関西を中心に
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)

日本地図