オール電化

2023/04/22

沖縄電力の値上げは幾らになる?規制料金と自由料金の値上げについて分かりやすく解説

沖縄電力値上げ

2023年4月1日より、大手電力会社の規制料金は値上げする予定でしたが、審査が長引いているため4月上旬時点でいつ実施されるかは不明です。 一方、沖縄電力は自由料金の値上げを2023年4月1日より実施しています。今回の値上げによる影響はかなり大きいため、沖縄電力の自由料金を契約している方は注意しましょう。

そこで今回は沖縄電力の値上げについて解説します。なお、本記事は2023年4月上旬時点での情報に基づいて作成しているので、最新の情報と異なる場合があります。

沖縄電力は2023年4月1日に自由料金の値上げを実施した

沖縄電力値上げ

沖縄電力は燃料価格の高騰や電力市場価格の上昇、社会情勢の変化などを受けて2023年4月1日に自由料金の値上げを実施しています。

自由料金とは、事業者の判断で自由に設定できる料金プランのことです。燃料費調整額に上限がなく、料金プランごとにメリットや電気料金の仕組みなどが異なります。

値上げ幅や値上げ率はプランによって異なりますが、家庭向け自由料金の場合は40%程度の値上げが予想されるため、家計に大きな影響を与える可能性が高いです。

そのため、沖縄電力で自由料金を利用している方は、値上げ率の確認や電気料金の見直しなどを検討しましょう。

沖縄電力の規制料金の値上げはいつ実行される?

規制料金とは、電気料金の値上げを行うには国の認可が必要になる料金プランのことです。

沖縄電力の場合は従量電灯と低圧電力などが該当し、本来なら自由料金と同時に次のような値上げが実行される予定でした。

1ヵ月の使用電力量 値上げ前 値上げ後 値上げ額 値上げ率
従量電灯 260kWh 8,847円 12,320円 3,473円 39.3%
低圧電力 560kWh
夏季:196kWh
その他季:364kWh
22,738円 30,219円 7,481円 32.9%

実施されれば、自由料金の値上げと同様に家計への深刻な影響が予想されますが、2023年4月上旬時点で、規制料金の値上げがいつ実行されるかは不明です。

規制料金の値上げは政府の審査によって認められないと実施できません。

今回、沖縄電力を含めた大手電力会社7社が30%~40%程度の値上げを申請しており、国民への影響が不安視されているため、審査が長引いています

また、燃料価格は電力会社が値上げの申請を行った時点からある程度減少傾向にあるため、政府は電力会社に申請した値上げ率の引き下げを要求しており、北陸電力を除いた6社は新しい値上げ率を再申請しています。

沖縄電力の場合は、平均43.8%の値上げが平均40.9%の値上げ率に引き下げられています。現在は、再申請された内容に基づいて審査が行われていますが、記事執筆時点ではいつ規制料金の値上げが実施されるかは不明です。

沖縄電力の値上げで電気料金は幾らになった?

沖縄電力は自由料金の大幅な値上げを実行しており、使用電力量によっては電気料金が高額になる可能性があります。沖縄電力の自由料金を契約している方は、2023年4月1日以降の電気料金を確認しましょう。

なお、正確には電気料金の見直しなので、見直し前・後と記載するべきですが、本記事では理解のしやすさを優先して、値上げ前・値上げ後としております。

従量電灯plus

「従量電灯plus」は規制料金「従量電灯」と同じ料金単価で、電気料金に応じて会員サイト「おきでんmore-E」にて使用できるポイントが貯まる自由料金です。電気量料金は使用電力量に応じて割高になるので、節約したい方は使用電力量を減らすようにしましょう。

なお、ポイントは200円に付き、1ポイント付与されます

区分 単位 値上げ前 値上げ後
最低料金 最初の10kWhまで 1契約 442.18円 661.32円
電力量料金 10kWh~120kWhまで 1kWh 26.93円 42.13円
120kWh~300kWhまで 32.47円 47.67円
300kWh~ 34.45円 49.65円

例えば、1カ月の使用電力量が260kWhの家庭の場合、値上げ前の電気料金が8,868円だったのに対して、値上げ後は12,435円に上がり、値上げ率は40.02%で、値上げ額は3,567円です。

グッドバリュープラン

「グッドバリュープラン」は使用電力量によって電気量料金が変動する自由料金です。「従量電灯plus」に似ている料金設定ですが、120kWh~300kWhと300kWh~の電力量料金が若干安いです。

区分 単位 値上げ前 値上げ後
最低料金 最初の10kWhまで 1契約 442.18円 661.32円
電力量料金 10kWh~120kWhまで 1kWh 26.93円 42.13円
120kWh~300kWhまで 31.99円 47.19円
300kWh~ 33.32円 48.52円

例えば、1カ月の使用電力量が260kWhの家庭の場合、値上げ前の電気料金が6,960円だったのに対して、値上げ後は10,981円に上がり、値上げ率は57.77%で、値上げ額は4,021円です。

プレミアムバリュープラン

「プレミアムバリュープラン」は使用電力量が一定段階までは電気料金が一定の自由料金です。沖縄電力の「プレミアムバリュープラン」の場合、400kWhまでは基本料金で、400kWhからは1kWhあたりの従量制料金になります。

区分 単位 値上げ前 値上げ後
基本料金 400kWhまで 1契約 12,182.00円 18,329.10円
電力量料金 400kWh~ 1kWh 30.35円 45.55円

プレミアムバリュープランの基本料金の値上げ率は50.46%で、値上げ額は6,147円です。なお、グッドバリュープランで1ヵ月の使用電力量が400kWhの場合の電気料金は月額17,225円になり、プレミアムバリュープランの基本料金より抑えられています。

一方で、1ヵ月の使用電力量が500kWhの場合、グッドバリュープランは21,723円、プレミアムバリュープランは21,114円となります。

つまり、プレミアムバリュープランは毎月500kWh以上消費する家庭におすすめの料金プラです。

時間帯別電灯

時間帯別電灯とは、時間帯によって電気量料金が変動する自由料金です。沖縄電力の場合、毎日午前7時から午後11時までは従量制料金、午後11時から翌午前7時までは常に同じ料金となります。

区分 単位 値上げ前 値上げ後
最低料金 1契約 858.00円 925.10円
電力量料金 昼間時間 90kWhまで 1kWh 30.57円 45.69円
90kWh~230kWhまで 37.00円 52.12円
230kWh~ 39.29円 54.41円
夜間時間 1kWh 16.03円 31.59円
5時間通電機器割引 1kW 220.00円 220.00円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引 1kW 165.00円 165.00円
最低月額料金 1契約 462.00円 462.55円

例えば、1カ月の使用電力量が260kWhの家庭で昼間時間の割合が多い場合、値上げ前の電気料金が6,459円だったのに対して、値上げ後は10,513円に上がり、値上げ率は62.76%で、値上げ額は4,054円です。

Eeホームホリデー

Eeホームホリデーは季節と時間帯によって電力量料金が変動する自由料金です。平日午前10時から午後5時までを昼間時間として、7月1日~9月30日までを夏季、残りの期間をその他季とします。

また、平日午前7時から午後10時と午後5時から午後11時までは生活時間、午後11時から翌午前7時までを夜間時間として、電気量料金が異なります。

区分 単位 料金単価
値上げ前 値上げ後
最低月額料金 1契約 1,650.00円 1717.10円
電力量料金 昼間時間 夏季 1kWh 57.35 円 58.47円
その他季 53.86 円 54.98円
生活時間 45.18円 46.30円
夜間時間 29.16円 30.72円
Eeプラン割引 1契約 割引対象額×10% 割引対象額×10%
Eeプラン割引上限額 1契約 3,300.00 3,300.00

例えば、1カ月の使用電力量が260kWhの家庭で昼間時間の割合が多い場合、値上げ前の電気料金が20,615円だったのに対して、値上げ後は20,805円に上がり、値上げ率は0.92%で、値上げ額は190円です。

なお、沖縄電力にはEeホームホリデーに似ている料金プランとして、EeホームフラットとEeビジネスがあります。

【Eeホームフラット】

区分 単位 料金単価
値上げ前 値上げ後
最低月額料金 1契約 1,650.00円 1717.10円
電力量料金 昼間時間 1kWh 47.13円 48.25円
夜間時間 29.16円 30.72円
Eeプラン割引 1契約 割引対象額×10% 割引対象額×10%
Eeプラン割引上限額 1契約 3,300.00 3,300.00

【Eeビジネス】

区分 単位 料金単価
値上げ前 値上げ後
最低月額料金 1契約 1,650.00円 1717.10円
電力量料金 昼間時間 夏季 1kWh 58.22円 59.34円
その他季 54.73円 55.85円
生活時間 45.49円 46.61円
夜間時間 30.03円 31.59円
5時間通電機器割引 1kW 220.00円 220.00円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引 1kW 165.00円 165.00円
Eeプラン割引 1契約 割引対象額×10% 割引対象額×10%
Eeプラン割引上限額 1契約 3,300.00 3,300.00
最低月額料金 1契約 462.00円 858.55円

沖縄電力の自由料金の値上げ率と値上げ額

1ヵ月の使用電力量が260kWhの家庭での値上げ率と値上げ額は以下の通りです。

値上げ前 値上げ後 値上げ率 値上げ額
従量電灯plus 8,868円 12,435円 40.02% 3,567円
グッドバリュープラン 6,960円 10,981円 57.77% 4,021円
プレミアムバリュープラン 12,182円 18,329円 50.46% 6,147円
時間帯別電灯 6,459円 10,513円 62.76% 4,054円
Eeホームホリデー 20,615円 20,805円 0.92% 190円

上記の電気料金はあくまでもシミュレーションの結果であり、実際の電気料金とは異なる可能性があります。しかし、沖縄電力の自由料金の値上げはEeホームホリデーを除けば、どれも値上げ率が高いです。

政府の補助金により実際に支払う金額は異なる

政府は2023年1月から2023年10月までの電気料金の負担軽減策として、1kWhあたり7円の補助金を出しています。補助金は政府から電力会社に直接支払われているので、利用者の元に届く請求書の金額は補助金額が差し引かれたものになります。

例えば、グッドバリュープランに契約していて、1ヵ月の使用電力量が260kWhの家庭の場合、電気料金は10,981円ですが、政府の補助金1,820円(7円×260kWh)が差し引かれて、実際に支払う金額は9,161円です。

電気料金の値上げの対策

沖縄電力値上げ

政府の補助金が支給されているとはいえ、沖縄電力の自由料金の値上げによる負担は大きいです。政府の補助は10月までなので11月以降に実際に支払う電気代は1kWhあたり7円の増額となるので、将来的に負担は増します。

また、規制料金も平均40.9%の値上げを行う予定を考えると、沖縄電力を契約している方は電気料金の値上げの対策を行うと良いでしょう。

電気料金の値上げの主な対策は以下の通りです。

  • 使用電力量を減らす
  • 契約しているプランや電力会社を乗り換える
  • 省エネ性能の高い住宅機器を導入する

上記を順番に解説します。

使用電力量を減らす

電気料金を節約するなら、使用電力量を減らすことが重要です。基本的に使用電力量が少ないほど、電気料金は安くなります。

例えば、グッドバリュープランに契約している場合、1ヵ月の使用電力量を170kWhまで減らせば、値上げ前の260kWhの電気料金と同程度になります。

そのためには、照明をつける時間を短くする、エアコンの設定温度や時間に注意するなどの節電を試してみましょう。

また、使用電力量を減らすなら太陽光発電や蓄電池などを導入して、自家発電による使用電力量の減少も選択肢の1つです。

契約しているプランや電力会社を乗り換える

節電だけでは使用電力量が減らない、あるいは太陽光発電や蓄電池を設置できないなどの場合は、契約している料金プランを見直してみましょう。

沖縄電力の自由料金はそれぞれ特徴が異なり、ライフスタイルや電気の使い方によっては割高になってしまうことがあります。

電力の自由化により別の電力会社への乗り換えがしやすくなっています。料金プランを比較して、家庭に合ったプランへの乗り換えを検討してみると良いです。

省エネ性能の高い住宅機器を導入する

使用電力量を減らす方法として、省エネ性能の高い住宅機器を導入する方法もあります。

例えば、エコキュートは電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器です。ほかの給湯器に比べてお湯を沸かすための年間ランニングコストが次の表にように抑えられています。

エコキュート 電気温水器 石油給湯機 ガス給湯器
北海道電力エリア 約32,400円 約108,000円 約81,600円 約109,200円
東北電力エリア 約21,600円 約80,400円 約73,200円 約104,400円
北陸電力エリア 約20,400円 約82,800円 約72,000円 約118,800円
東京電力エナジーパートナーエリア 約24,000円 約102,000円 約67,200円 約78,000円
中部電力エリア 約24,000円 約99,600円 約68,400円 約87,600円
関西電力エリア 約20,400円 約86,400円 約64,800円 約81,600円
中国電力エリア 約22,800円 約91,200円 約68,400円 約112,800円
四国電力エリア 約26,400円 約126,000円 約67,200円 約99,600円
九州電力エリア 約18,000円 約78,000円 約66,000円 約108,000円
沖縄電力エリア 約10,800円 不明 約56,400円 約54,000円

実際のランニングコストはエコキュートの性能や家族の人数によって異なりますが、沖縄電力エリアでガス給湯器から買い替えれば、年間約43,200円の節約が期待できます。

自由料金の時間帯別電灯やEeビジネスにはエコキュートを使用していると電気料金の割引が受けられるので気になる方は電気料金のシミュレーションを行ってみましょう。

まとめ

以上が、沖縄電力の値上げの解説です。2023年4月1日より、沖縄電力の自由料金は40%以上の値上げを実施しており、契約しているプランによっては電気料金が高額になる可能性が十分に考えられます。

また、記事執筆時点では未定ですが、規制料金も平均40.9%の値上げを予定しているため、多くの方に影響を与えます。そのため、沖縄電力を契約している方は、プランを変更するか、節電のために太陽光発電や蓄電池、エコキュートなどの導入を検討してみましょう。

エコ突撃隊」では、太陽光発電や蓄電池、エコキュートなどの電気料金の値上げ対策になる住宅機器を販売しています。電気料金の値上げを抑えたいと考えている方は、ぜひご相談ください。

こちらの記事もおすすめ!

お見積り・ご相談はこちら

「かんでんEハウス施工パートナー店/ダイキン空調機特約店」

エコ突撃隊 お客様相談窓口

当店の自社施工は、
関西電力グループの施工パートナー店・ダイキンの空調機特約店に認定されています。

安心してお任せいただけるよう、迅速・丁寧にご対応させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

電話番号 0120-272-545

10時00分~19時00分

オール電化費用が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

エコキュートなら光熱費がダンゼンお得!給湯器買い替えるなら「キュートーチェンジ」

エコキュートの特急交換はエコ突撃隊の「キュートーピーポー」

電気温水器が工事費込で激安価格!大阪のオール電化リフォームはエコ突撃隊にお任せ下さい。

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!エコキュート工事セット

商品代+工事費+保証 全てコミコミ!

激安特別価格!電気温水器工事セット

電気温水器を探す

給湯性能から探す

家族の人数(タンク容量)から探す

大阪・関西を中心に太陽光発電など、
きめ細かくスピーディーな対応。

大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関東中部中国四国北陸東北

九州北海道沖縄

の各地域に対応しております。
まずはお気軽にお問合せ下さい!

関西の太陽光発電・オール電化施工センター

  • 大阪施工センター(大阪府大阪市北区)
  • 高槻施工センター(大阪府高槻市)
  • 大東施工センター(大阪府大東市)
  • 堺施工センター(大阪府堺市中区)
  • 茨木市施工センター(大阪府茨木市)
  • 摂津施工センター(大阪府摂津市)
  • 松原施工センター(大阪府松原市)
  • 奈良施工センター(奈良県北葛城郡)
  • 京都施工センター(京都府京都市右京区)
  • 福知山施工センター(京都府福知山市)
  • 神戸施工センター(兵庫県神戸市中央区)
  • 加古川施工センター(兵庫県加古郡)
  • 兵庫中部施工センター(兵庫県多可郡)
  • 高砂施工センター(兵庫県高砂市)
  • 和歌山施工センター(和歌山県和歌山市)
  • 紀の川施工センター(和歌山県紀の川市)

日本地図

関西の施工センター

本社施工センター
(大阪府大阪市)

本社施工センター

  • 大阪施工センター
  • 高槻施工センター
  • 大東施工センター
  • 堺施工センター
  • 茨木市施工センター
  • 摂津施工センター
  • 松原施工センター
  • 京都施工センター
  • 福知山施工センター
  • 神戸施工センター
  • 加古川施工センター
  • 兵庫中部施工センター
  • 松原施工センター
  • 奈良施工センター
  • 和歌山施工センター
  • 紀の川施工センター

四国の施工センター

  • 愛媛施工センター
  • 高知施工センター
  • 香川施工センター

関東の施工センター

関東本部施工センター
(埼玉県さいたま市)

関東本部施工センター

  • 東京施工センター
  • 東京北施工センター
  • 八王子施工センター
  • あきる野施工センター
  • 埼玉施工センター
  • 埼玉南施工センター
  • さいたま施工センター
  • 横浜施工センター
  • 神奈川施工センター
  • 千葉市施工センター
  • 千葉施工センター
  • 船橋施工センター―
  • 戸田施工センター
  • 群馬施工センター
  • 伊勢崎施工センター
  • 前橋施工センター
  • 茨城施工センター

中部の施工センター

  • 名古屋施工センター
  • 愛知施工センター
  • 静岡施工センター
  • 長野施工センター
  • 三重施工センター
  • 山梨施工センター
  • 岐阜施工センター
  • 富士施工センター

東北の施工センター

  • 青森施工センター
  • 十和田施工センター
  • 秋田施工センター
  • 岩手施工センター
  • 宮城施工センター
  • 名取施工センター
  • 福島施工センター

北陸の施工センター

  • 石川施工センター
  • 金沢施工センター
  • 富山施工センター
  • 新潟施工センター
  • 福井施工センター

北海道の施工センター

  • 北海道施工センター

中国の施工センター

  • 広島施工センター
  • 岡山施工センター
  • 津山施工センター
  • 倉敷施工センター
  • 岡山市施工センター
  • 岡山東施工センター
  • 鳥取施工センター
  • 松江市施工センター
  • 山口施工センター

九州の施工センター

  • 福岡施工センター
  • 大野城施工センター
  • 粕屋町施工センター
  • 大分県施工センター
  • 北九州施工センター
  • 宮埼施工センター
  • 鹿児島施工センター
  • 熊本施工センター

沖縄の施工センター

  • 沖縄施工センター

オール電化 無料お見積り

メールでお問合せ

エコ突フリーダイヤル
本日の担当営業に直通